2018年10月22日

『猫のエルは』(講談社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

町田康 文/ヒグチユウコ 絵
『猫のエルは』(講談社)



「ひとり猫君のみがこの諧話を乱し、自由狼藉に生きています。なんとかしなくてはなりません。」

「なにを考えているのかまったく理解できない。心の闇か」

言葉を得た動物たちが、社会の平安のために猫と渡り合おうとする「諧話会議」を始め、猫の世界を切り取る全5編。

ちゃきちゃきの町田節に添えられるのはヒグチユウコの猫。

これはマジで、やばくね?
posted by ひるねこ at 17:56| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

『せん』(岩波書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『せん』(岩波書店)



えんぴつの先から生み出される、一本の「せん」。

スケートぐつをはいた少女が軽やかに滑りだすと、白い氷はたちまちキャンバスに。
のびやかでダイナミックな動きは、やがて驚きの世界を生み出します。

世界的絵本作家スージー・リーによる、魔法のような絵本。

シンプルに、美しい。

posted by ひるねこ at 14:23| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

『月のこよみ 2019』(誠文堂新光社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

相馬充 監修『月のこよみ 2019』(誠文堂新光社)



昨日と同じように見えても、月の形は毎日変化している。
来年の今日は、どんな月が空にのぼっているのだろう。

日々の満ち欠けはもちろん、月の呼び名や星空の様子など、心に入れておきたい色々な知識が充実。

見る楽しみと、読む楽しみ。

夜空を見上げる時には、花松あゆみさんの美しいイラストとともに。
posted by ひるねこ at 18:35| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。