2017年03月03日

『寝てもさめても猫と一緒』『佐野洋子 あっちのヨーコ こっちの洋子』『発光』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『寝てもさめても猫と一緒』(河出書房新社)


寝てもさめても猫と一緒 [ 熊井 明子 ]

赤ん坊の頃の猫との出会いは理想的なものだった― 名作『私の猫がいない日々』などの文章に、最新の猫との暮らしを付加。
猫を愛し、生かされ、時には悲しみに打ちひしがれる。常に傍にいるからこその“毛皮をまとった天使”との哀感の日々。時代とともに変化する猫模様も。


『佐野洋子 あっちのヨーコ こっちの洋子』(平凡社)


佐野洋子 あっちのヨーコ こっちの洋子 [ オフィス・ジロチョー ]

児童書業界に入ったのは『100万回生きたねこ』が一つのきっかけ。だから佐野さんは特別な作家。
本を開くと知らなかった姿が次々と立ちあらわれてくる。『おじさんのかさ』未発表イラストは必見。判型よりもずっと大きく強く迫る彼女の絵に、言葉に、包まれる。


『発光』(東京書籍)



発光 [ 坂口 恭平 ]

2011年の震災時に新政府を立ち上げた坂口恭平。その膨大な、連綿と続く言葉は確かな光を持っている。
「言葉は腐る。腐ると発酵する。発酵すると言葉がさらに光るキノコみたいに発光しはじめる」
書くことで生きることを支える。全身から光を放つ彼の叫びは、いまの世を覆う暗い雲を切り裂くか。

posted by ひるねこ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。