2017年04月14日

【満員御礼】本屋トーク第3回 忘日舎 × Readin'Writin' × ひるねこBOOKS

※定員に達しましたので、お申込みを締め切りました。
キャンセル待ちをご希望の方は、引き続きメールにてご連絡ください。



お店を構えて本屋を営んでいる人たちは、日々どんなことを考えているのだろう?
そのリアルな話を聞いてみたい!

そんな個人的な思いから始まったこのトークも第3回を迎えます。
第1回(2016.8)は同じく根津にある〈タナカホンヤ〉〈緑の本棚〉のお2人と、仕入れやお店の特色など古本屋のあれこれを。
第2回(2017.3)はオープンしたばかりだった〈BOOKS青いカバ〉〈パン屋の本屋〉のお2人をお招きして、新刊・古本の違いや具体的な本屋の日々の話を。
イベントタイトルは同じでも、当然ながら話し手が変われば、本屋のもついろいろな側面が見えてきます。

今回も個性的な2書店にお越しいただきます。
忘日舎の伊藤さんとは不忍の「一箱古本市」がきっかけで知り合い、その時にはお互いに開店を目指していました。またReadin'Writin'の落合さんとも「一箱古本市」の助っ人さんをしてくださっていたご縁でつながりました。現在、4月の開店に向けて目下準備中です。

今回も本のこと、本屋のこと、町のことなど、お話をうかがいます。もちろん「一箱」の話も出るかもしれません。オープンのきっかけ、どんな本を揃えているのか、町との関わり、店をやっていて楽しいこと、辛いこと……などなど、ひるねこBOOKS店主が聞いてみたい話をあれこれと。
今回もまたビールでも飲みながら、ざっくばらんに話しましょう。

もちろん会場からの質問・意見も大歓迎!
本好き、本屋になりたい、なんとなく楽しそうだから……どなた様も、ぜひご参加ください!


●日時:2017/6/22(木) 20:00〜21:30

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●定員:10名

●参加費:1,000円(当日支払)
当日、別料金500円でドリンク(ビールorジンジャーエール)を販売いたします。

※参加をご希望の方は、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「6/22 本屋トーク参加希望」


☆ゲスト プロフィール

・伊藤 幸太(忘日舎 the book store)
1973年生まれ。大学卒業後、某業界新聞社に就職。震災後に1年半ほどツタヤブックストアで販売の仕事をおこなう。のち出版社でフリーの編集、校正職に従事。書籍、書物雑誌の製作に携わる。2015年9月西荻窪に忘日舎 the book storeをオープン。古書を中心に新刊も扱うほか、不定期に読書会を開催。店主は本と場所、ことばについて考え中。
https://www.vojitsusha.com/

・落合博(Readin'Writin')
1958年、山梨県甲府市のぶどう農家の長男として誕生。大学卒業後、ジャーナリズムの世界で35年間を送る。退社して今年4月23日、浅草・田原町で「Readin'Writin'」を開業。妻と3歳の息子の3人家族。
http://twilog.org/ochimira

○聞き手
・小張 隆 (ひるねこBOOKS)
1984年生まれ。大学時代に書店、取次会社などでアルバイト。卒業後、児童書出版社・童心社にて営業職として8年間勤務。2015年春に退職後、雑貨店、取次会社を経て、2016年1月、台東区谷中にて本屋「ひるねこBOOKS」をオープン。古書をメインに、新刊書や北欧雑貨も扱う。
http://hirunekobooks.wixsite.com/hiruneko

posted by ひるねこ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。