2017年06月29日

【満員御礼】『いろがみ びりびり ぴったんこ』松田奈那子さんトークイベント&サイン会


*定員に達したため、お申し込みを締め切りました。
キャンセル待ちをご希望の方は、引き続きメールにてご連絡ください。



『いろがみ びりびり ぴったんこ』(アリス館)の原画展開催(7/27〜8/9)にあわせて、
作者である松田奈那子さんによる、トークイベント&サイン会を開催いたします。


16091424_H1-4.03のコピー.jpeg

本作の制作話や海外での創作活動のお話、様々な画材や技法についてなど、盛りだくさんでお話いただきます。
普段はモロッコで生活されている松田さんだけに、国内でのトークイベント自体、滅多にない貴重な機会です。どうぞお楽しみに!

●日時:7/29(土)18:00〜19:30
※トーク終了後、松田さんの著作をご購入の方を対象に、サイン会を行います。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●話し手:松田奈那子さん
 聞き手:小張隆(ひるねこBOOKS)

●定員:10名

●参加費:1,000円(当日支払) 


※参加をご希望の方は、必ず下記メールアドレスまで、お名前、ご連絡先(TEL、メール)、参加人数をご連絡ください。
hirunekobooks@gmail.com 
件名「7/29 松田奈那子さんトークイベント参加希望」

原画展についてはhttp://hirunekodou.seesaa.net/article/451351163.html?1498728199

※本の詳細は⇒ http://www.alicekan.com/books/post_87.html


☆松田奈那子さん プロフィール

1985年北海道生まれ。画家・絵本作家。
2012年第1回MOE絵本グランプリ受賞後、『ちょうちょ』(文/江國香織 白泉社)で絵本デビュー。『くらべっこしましょ』(文/石津ちひろ 白泉社)『うたのすきなねこ ララとルル』(風濤社)『やさい ぺたぺた かくれんぼ』『いろがみ びりびり ぴったんこ』(アリス館)『みつけてくれる』(あかね書房)『おべんとうばこ あけたらね』(ほるぷ出版)『こびん』(らいおんbooks/風濤社)『わたしは ねこ』(リトルモア)など。こども絵画造形教室スタッフ、講師の経験を経て2013年自身の教室を主宰。ワークショップを開催している。2015年6月から2017年7月まで北アフリカのモロッコ王国で生活。

C.jpeg
posted by ひるねこ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『いろがみ びりびり ぴったんこ』原画展

絵本『いろがみ びりびり ぴったんこ』(アリス館)の原画展を開催します。

16091424_H1-4.03のコピー.jpeg

『ちょうちょ』(白泉社)『こびん』(風濤社)『わたしはねこ』(リトルモア)などの絵本で、大人の読者も魅了する松田奈那子さん。何を隠そう、店主である私自身も大ファンです。
「可愛くてオシャレ」そんなイメージのある松田さんの絵本ですが、実は子ども向けの造形絵画教室を運営したり、ワークショップを行ったりと、子どもたちとの関わりも多く、その目線をしっかりととらえた絵本も生み出しています。

本書はそんな一冊。
初めて読んだ時に「間違いなくロングセラーになる」と確信するほど惚れこみました。
あまり順位づけはしませんが、2017年のベスト絵本の一つだと思っています。
鮮やかな色遣い、紙の質感、何より子どもたちが夢中に、そして笑顔になれるお話。
時を経ても普遍的に読み継がれ、愛され続ける魅力を充分すぎるほど備えています。

今回は本書の原画展示のほか、松田さんの他の作品も揃え、
彼女の幅広い世界を体感できるような展示になることと思います。

会期中の7/29には、松田さんによるギャラリートーク&サイン会があります。
http://hirunekodou.seesaa.net/article/451351352.html?1498728762

どうぞお楽しみに!

honmon_0915_2_1.jpeg

実_IROGAMI-P0203背のコピー.jpeg



●会期:7/27(木)〜8/9(水)11:00〜20:00
(店舗営業時間に準じます)
※最終日は17時ごろまで
月曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●入場無料

※本の詳細は⇒ http://www.alicekan.com/books/post_87.html


☆松田奈那子さん プロフィール

1985年北海道生まれ。画家・絵本作家。
2012年第1回MOE絵本グランプリ受賞後、『ちょうちょ』(文/江國香織 白泉社)で絵本デビュー。『くらべっこしましょ』(文/石津ちひろ 白泉社)『うたのすきなねこ ララとルル』(風濤社)『やさい ぺたぺた かくれんぼ』『いろがみ びりびり ぴったんこ』(アリス館)『みつけてくれる』(あかね書房)『おべんとうばこ あけたらね』(ほるぷ出版)『こびん』(らいおんbooks/風濤社)『わたしは ねこ』(リトルモア)など。こども絵画造形教室スタッフ、講師の経験を経て2013年自身の教室を主宰。ワークショップを開催している。2015年6月から2017年7月まで北アフリカのモロッコ王国で生活。

C.jpeg

posted by ひるねこ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

『楽しい縮小社会』『これからの地域再生』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

7/2は都議会議員選挙。
首都・東京、そして日本という国の今後が占われる大切な選挙となりそうです。
後悔のない選択をしたいですね。
というわけで新刊2点です。

●森まゆみ/松久寛 『楽しい縮小社会』(筑摩選書)


楽しい縮小社会 「小さな日本」でいいじゃないか (筑摩選書) [ 森 まゆみ ]

「経済成長がないとやっていけない」というのは、もはやただの暗示に過ぎません。
ムダ使いしない、省エネ、人との繋がり。「縮小」は決して暗いことでも難しいことでもありません。
量的成長を止め、質的成長へ。「後ろ向きに前進する」必要性を考えます。

谷根千の小さな暮らしについても、もちろん言及されています。


●飯田泰之 編『これからの地域再生』(晶文社)


これからの地域再生 [ 飯田泰之 ]

この国の未来の為に、東京一極集中ではなく地方の活性化が求められています。
ただ「地方都市」という漠然とした括りで見るのではなく、〈中心地人口10万人、周辺人口20万人〉の「中規模都市」に焦点を当て、具体的なモノやサービスを取り上げます。

どの都市にも確かに埋まっている魅力。それを掘り起こすこと。

posted by ひるねこ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。