2017年06月13日

『パスタの本』(アノニマ・スタジオ)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

●細川亜衣『パスタの本』(アノニマ・スタジオ)


パスタの本 [ 細川亜衣 ]

パスタと言っても、麺、ソース、具材に至るまで、その組み合わせは無限。
奥深き道に正解は無いけれど理想はある。その理想は、もしかするとこの中にあるのかもしれない。
これほど贅沢で、生命力にあふれたパスタの本はなかった。
こねられ伸ばされパスタは踊る。光り、輝き、艶をもつ。
ソースの跳ねなど気にせず、今すぐ頬張りたい。


●伊藤まさこ『おいしい時間をあの人と』(朝日新聞出版)


おいしい時間をあの人と [ 伊藤まさこ ]

美味しいものが間にあれば、それだけで会話が弾む。
阿川佐和子、黒木華、穂村弘、矢野顕子、片桐はいり、菊池亜希子、杉本哲太ら、
各界で活躍する面々と著者との飾らない“素のおしゃべり”。
語られるのは「食」だけでなはく、その人の生き方のようなもの。



●大竹昭子『間取りと妄想』(亜紀書房)


間取りと妄想 [ 大竹 昭子 ]

家は舞台でありながら、主人公なのかもしれない。
窓の大きさ、戸の位置、ベランダの広さ……。
間取りには家を建てた人間の意思や趣味が反映されるが、いつの間にか家はその人の性格や行動を規定してしまう。
妄想空間で起こる様々な人間ドラマ。ドアを開くと物語が始まる。
posted by ひるねこ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。