2017年06月15日

『ウソつきの国』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

勢古浩爾『ウソつきの国』(ミシマ社)


ウソつきの国 [ 勢古浩爾 ]

ウソにウソが重ねられ、やがて「事実」となってゆく。
そして「まあ、そんなものだ」と流され、いつの間にか忘れられる。
いま、そんな社会で生きているように思います。

本当のことは隠され、歪められる。
「確認できない」「そんなことはありえない」と。

正しいことは軽んじられ、侮られる。
「どちらかだけが正解ってわけではないでしょ」と。

私たちは、真実を求めることを止めてはなりません。
目を閉じ、耳を塞ぎ、口を噤んでしまえば、それは考えることを放棄したのと同じこと。

私たちには力があるはずです。
そしてひとりひとりに自由な心があるはずです。

それを奪おうとするものには断固反対します。

言葉を、人間を、舐めるなと言いたい。
posted by ひるねこ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。