2017年08月25日

『マッティは今日も憂鬱』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

先週のフィンランド旅で最も多く見かけたのがこの本でした。

カロリーナ・コルホネン (著)/ 柳澤はるか (訳)
『マッティは今日も憂鬱』(方丈社)


マッティは今日も憂鬱 [ カロリーナ・コルホネン ]

マッティは典型的なフィンランド人。
静けさと平穏、そしてパーソナル・スペースをなにより大切にしています。

シャイで人見知りなフィンランド人は、どこか日本人と似ています。
でもそんなステレオタイプで語られることも、もしかしたら憂鬱なのかも?

IMG_3625.jpg

IMG_3624.jpg

IMG_3623.jpg

試食したい。だけど店員さんと会話したくない。
さっき会ったご近所さんとまた会う。
バスの座席で隣に座った人が話しかけてくる。

思わず「あるある」と頷いてしまう場面の数々。

最後の「マッティが夢みること」もなんとも味わい深い。

フィンランドの書店には、2巻もあわせて展開されていました。
日本での続編刊行も楽しみです。
posted by ひるねこ at 17:58| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。