2017年10月17日

『本棚の本』(アノニマ・スタジオ)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

赤澤かおり 著『本棚の本』(アノニマ・スタジオ)


本棚の本 [ 赤澤かおり ]

たまに「ここに並んでいるのは店主さんが好きな本ですか?」と訊かれることがあります。
「そうです」と答えたいところですが、必ずしもそうではありません。
個人店なので売りたくない本は売らないけれど、古本の買取によって予期せぬ本との出会いはあるし、知らない本を手にとって、棚に並べるのが楽しいのです。

少しくらいはファンの方もいるかもしれませんが、選書で唸らせるほどのセンスも知識もありませんので、それだけでは商売が成り立ちません。ですので、大まかに分ければ「セレクト書店」かもしれませんが、必ずしも自分の趣味の本だけを置いているのではないのです。

そういうわけで、店の棚を見られるのは当然平気だけれど(むしろ見て買って読んでください)、自宅の棚を公開するのは恥ずかしい。それは裸の姿を見られるようなものだから。

〈本棚には人生と人柄が詰まっている〉

ここに並ぶ19名、料理家、デザイナー、カメラマン、漬物店店主、帽子作家など職業は様々。
だけどその本棚を見れば、その人の考えや生き方が見えてきます。

いつか自分も胸を張って本棚を見せられるだろうか。
posted by ひるねこ at 13:17| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

安達茉莉子 作品展 「消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ」

“ ...大きく息を吸ったら、一気に吹き消そう。3,2,1 ハッピーバースデイ。”


安達DM_表.jpg

言葉とイラストで物語を描く安達茉莉子の世界。
絵と言葉で綴る新作集『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』、世界に一冊だけ存在している絵本『子供を壊す効果的な方法』の展示のほか、詩集、トートバッグや紙雑貨の販売もおこないます。

好評だった昨年に続いての展示です。
深まる秋、どうぞお越しください。


●会期:11/1(水)〜 11/15(水)11時〜20時
(店舗営業時間に準じます) 
※最終日は18時ごろまで
会期中の営業時間変更:11/2(木) 16時まで 
           11/4(土)、12(日) 18時まで
その他変更の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●入場無料

*11/11(土)18時〜絵本朗読会+トークを開催します(要予約・ドリンク代500円)
⇨詳細は決まり次第、お知らせします。


☆安達茉莉子さん プロフィール

大分県日田市出身。大自然に囲まれながら、本と空想の世界にトリップするインドアな幼少時代をすごす。大学卒業後、防衛省勤務、兵庫県篠山市の限界集落での生活、イギリス大学院留学、JICA勤務など様々な組織/場所での経験をするなか、人間が人間であるための『言葉』を心の拠り所として、詩と小説を綴ってきた。
現在は東京都内で、"MARIOBOOKS"の屋号のもと、言葉とイラストを中心とした創作活動を行っている。2016年初夏、イラスト詩集『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』と『猫と惑星に名前をつけようとしてくれた君へ』を発表。2016年秋には初の個展となる『あなたがいつかそれを埋めてくれる前に』をひるねこBOOKS(台東区・谷中)にて開催。2017年秋には展覧会『Lost and Found ー This Is My Letter To The World』(アキバタマビ21)で、自身の経験をもとにした絵本『HOW TO DESTROY A KID EFFECTIVELY/子供を効果的に壊す方法』を発表。
 
その他、シンガーソングライター大和田慧とのコラボレーションとして歌詞の共作・ミュージックビデオ『The Missing Piece』の制作・ライブポエトリーライティングや、ドキュメンタリー作家とのコラボレーションなど、広く「物語を表現する」さまざまな活動を行っている。
東京外国語大学英語専攻卒業、英国サセックス大学開発学研究所修士課程修了。 2011年第8回 短編恋愛小説 深大寺恋物語 『深大寺ラバーズ』審査員特別賞受賞。

https://www.mariobooks.com/


P1090499.jpg

IMG_7420.JPG


*昨年の様子から

IMG_0272.JPG

IMG_0248.JPG
posted by ひるねこ at 17:52| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ねむたいひとたち』『チューリップ畑をつまさきで』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

冷たい雨ですね。
こんな雨の日にぴったりの新刊絵本を2点紹介します。

『ねむたいひとたち』(あすなろ書房)


ねむたいひとたち [ M.B.ゴフスタイン ]

いつでもねむい、ねむりこびとの一家。
眠る場所さえあればどこでもいい。いちばん幸せなのは眠るとき。
あくびをして、のんびりして、にんまりしたら、おやすみ前のスナックです。
食べてるうちに目がとろん。控えめに言って最高です。
ゴフスタインの名作、初邦訳。


『チューリップ畑をつまさきで』(偕成社)


チューリップ畑をつまさきで [ 山本容子 ]

きれいな花を咲かせることを夢みる球根の女の子、カオリとバナナ。
チューリップはどうして人を幸せな気持ちにすることができるの?
その秘密に触れる、彼女たちの旅の物語です。
あの山本容子さんが初めてストーリーも手がけた美しい絵本。本を開いた瞬間、ふわっと明るく楽しい気持ちに。

ちなみに「チューリップ畑をつまさきで」〈Tip-Toe Through The Tulips〉はこちらの曲です。ずっと聴いていたい。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=UZMHJX4b9bU
posted by ひるねこ at 12:36| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。