2017年10月19日

『ももいろのアルパカ』原画展 木戸多美子×小原風子

詩人・木戸多美子さんと、画家・小原風子さん。
福島県在住のお二人の世界が合わさった絵本『ももいろのアルパカ』(ポエムピース)の原画展を開催します。

表紙.jpg

朝 桃の花はひらく わたしは目覚める アルパカはゆっくり立ち上がる
わたしは朝食の準備をする アルパカは草を食む 幸福の涎をたらし

8-9web用.jpg

26-27web用.jpg

初めてこの絵本を手にした時、その柔らかな色合いと優しい文章に、一気に引き込まれました。「希望」というものが目に見えるとしたら、それはこの本のことなのかもしれません。光あふれる絵と言葉に平穏な日常への思いが滲みます。

今回は『ももいろのアルパカ』の原画展示の他、お二人それぞれの絵本や詩集、缶バッジや、ポストカードなどの販売を行います。

東京ではなかなか無い機会ですので、ぜひお越しください。

image1.JPG

image2.JPG

image1-1.JPG


●会期:11/17(金)〜 11/30(木)11:00〜20:00
(店舗営業時間に準じます) 
※最終日は16時まで
月曜定休の他変更等がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉

●入場無料

*本については⇨ http://chihosho.neil.chips.jp/?eid=208


☆木戸多美子さんプロフィール

福島県生まれ
2005年、福島県文学賞詩部門正賞受賞。
2013年、第一詩集「メイリオ」を出版。
地元「福島民報」でエッセイを掲載。

FullSizeRender.jpg


☆小原風子さん プロフィール

1971年、福島県生まれ。画家。
東京藝術大学で日本画を学んだ後、帰郷。
チルドレンズミュージアムや学童保育など、こどもたちと関わる仕事を続けながら、南相馬の海のそばで絵や絵本の制作をしている。
 
2012年「僕らの海」
2015年「もこもこ雲のテラドラゴン」を自主出版。
2016年 「ももいろのアルパカ」(ポエムピース社より 木戸多美子氏との共著)
2017年 「ぼくと2まい葉」(ポエムピース社より 水田宗子氏との共著)
 
絵本が、誰かの心の「小さな窓」みたいになってくれたらいいなぁと願いながら描いています。


プロフィール.jpg
posted by ひるねこ at 18:23| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

『きのこレターブック』(パイインターナショナル)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

久々の太陽、嬉しいですね!

雨続きで体からキノコが生えそうでしたが、こんな美しいキノコなら生えてもいいです。

『きのこレターブック』(パイインターナショナル)



きのこレターブック ([バラエティ])

ヨーロッパと日本の生物学者たちによる図譜が、贅沢にもなんと100枚。
手紙を書くも良し、切り離して飾るも良し。
縦書きにも横書きにも使えますし、紙質も紙色も様々で、もう本当に一枚一枚愛おしい。
紙好きの心をくすぐりっぱなしです。

そこまでキノコ好きという訳ではないのですが、「えっ!」「マジ?」「うわぁ」ばっかり言ってます。これはちょっとヤバイ。

IMG_4458.jpg

IMG_4459.jpg

IMG_4460.jpg

posted by ひるねこ at 12:57| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

『おじさん酒場』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『おじさん酒場』(亜紀書房)
山田真由美 文/なかむらるみ 絵


おじさん酒場 [ 山田 真由美 ]

急に冷え込んだここ数日。
こんな日には熱燗?お湯割?それともまずはビールから?

「人生の大事なことは、お酒とおじさんが教えてくれる。」

気持ちはわかるけどそんな大げさな……と思いつつ、あれ、本当にそうなのかも?

・抱擁するおじさん[まるよし・赤羽]
・社章キラリなおじさん[小野屋酒店・日本橋]
・茄子をくれるおじさん[鳥恵・大船]

25軒のめくるめく夜、おじさんたちの邂逅。

哀愁漂う背中、突き出たお腹、やたらに繋ぐ手。
その立ち居振る舞いには生きることの何がしかが詰まっているようです。
酒場では人の目を気にせず、みんな好きにやっている。
そんな自由な感じが、「酒場はおじさんがいないと締まらない」と思わせるのでしょう。

自分はまだ「おじさん」ではないですが(と思っています)、渋い居酒屋になんの違和感もなく溶け込めるような大人になることは、一つの目標であり、通過儀礼(!)なのかもしれません。
それにはまだまだ人生経験が足りませんね。

巻末には、太田和彦さんとの鼎談、さらに「名店案内100」も。

さあ、今夜は何を飲もうかな。
posted by ひるねこ at 21:41| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。