2017年12月12日

『五月よ 僕の少年よ さようなら』

【新刊入荷】

寺山修司 詩・文/宇野亞喜良 絵
『五月よ 僕の少年よ さようなら』(アリエスブックス)

IMG_5388.jpg

IMG_5389.jpg

IMG_5390.jpg

IMG_5391.jpg


1965年に出逢った寺山修司と宇野亞喜良。互いに刺激し合いながら時代を走り、ともに生みだし続けた数々の作品は今もまぶしく光を放つ。

著作の表紙や装幀も多数手掛けた宇野亞喜良が、寺山とのあらたなコラボレーションを試みた本書。


「詩人は、ことばで人を酔わせる酒みたいなもんです。

ときには、ことばで人を傷つけたりすることもできる。

ようくみがいたことばで、相手の心臓をぐさり、とやる」

                 ー− 毛皮のマリー


強さの滲む言葉と、可愛らしくも官能的なイラスト。
甘さと苦さが同居する世界。

http://hiruneko.thebase.in/items/9254657

posted by ひるねこ at 19:17| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

新刊『世界はまるい』『鏡の国のアリス』『増補 書店不屈宣言』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

●ガートルード・スタイン 文/クレメント・ハード 絵‎ /マーガレット・ワイズ・ブラウン 編集
『世界はまるい』(アノニマ・スタジオ)


世界はまるい [ ガートルード・スタイン ]

ちいさな女の子ローズと旅する物語。
〈もし名前がローズじゃなかったら、わたしはローズだったかな、もしわたしがふたごだったら、いまとおんなじローズだったかな。〉
言葉の連なりを追っていけば、世界をどこまでも歩いていけそう。
ピンクとブルーの美しさ。
大切な人への贈り物にぴったり。


●ルイス・キャロル 著/佐々木マキ 絵/‎高山宏 訳
『鏡の国のアリス』(亜紀書房)


鏡の国のアリス [ ルイス・キャロル ]

〈そのことだけはまちがいありませんでした。白い仔猫にはなんの関係もなかったのです−−全部黒い仔猫のやったいたずらでした。〉
高山宏の新訳。佐々木マキによる80点の描き下ろしイラスト(しかもオール2色刷り)。
なんとも贅沢な装いで生まれ変わったアリスをぜひ。


●田口久美子 著
『増補 書店不屈宣言』(ちくま文庫)


増補 書店不屈宣言 わたしたちはへこたれない (ちくま文庫) [ 田口 久美子 ]

40年以上現場に立ち続ける著者。
文庫化までの期間にも業界には大きな変化があった。
「来し方」は変えられない。では「行く末」は?
〈このように楽しげに売っている「モノ」が、巷間言われるように、そんなに簡単に亡びるのだろうか?〉
へこたれてはいられない。
posted by ひるねこ at 19:14| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

『早稲田文学増刊 女性号』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

9月の刊行直後に完売し、長らく品切れとなっていた『早稲田文学増刊 女性号』(筑摩書房)、ついに重版分が入荷しました!

IMG_5342.jpg


大型書店で見かけても、絶対に自分の店で手に取るのだと言い聞かせて2ヶ月以上。
ようやくこの日が訪れました。


小説、詩、短歌、エッセイ、対談……。

古今東西82名の女性たちによる文章は、「女性」と「書く」ことについての関係性、その熱量や切実さ、現実や辛苦を私たちに提示します。

掲載されているのは、今村夏子、津村記久子、藤野可織、松田青子、村田沙耶香、樋口一葉、石垣りん、伊藤比呂美、茨木のり子、銀色夏生、最果タヒ、蜂飼耳、文月悠光、松井啓子、多和田葉子などなど。

IMG_5343.jpg

女性たちの言葉が詰まったこの本はなんと軽やかで、そしてまた重たいのでしょうか。

「電話帳のよう」と形容されていますが、ここに連なる言葉は現在だけでなく過去にも未来にも繋がります。

IMG_5344.jpg

あえて「女性」を切り口にするという挑戦。
でもこれは決して女性のためだけの読み物ではありません。

我々全てが体内に取り込み、何度も何度も咀嚼し、
自らの生きる糧とすべき一冊です。

社会を変えるかもしれない、本当にそう思います。


長いですが、責任編集の川上未映子さんによる巻頭言を抜粋します。

-----------

 数年前、ある女性作家と話していたときのこと。

「いつだったか、どこかの文芸誌が女性特集みたいなことをやって、書き手を全員女性にしたんですよね。でもわたしあのとき、古いなあって白けちゃって。今さらフェミって感じでもないしなあって思ってしまった」。

 わたしはその文芸誌の存在を知りませんでしたが、女性が女性について語ったり書いたり、読んだりするそんな特集があるなら読んでみたいと思いました。毎月、無数に刊行されているなかでそんな雑誌があって当然だし、論壇誌や思想誌では逆のことが当たりまえに起きているのに、なぜそれが女性になると特殊な出来事のように思われるのだろう。他愛のない会話の中の彼女の何気ない発言をわたしはその後、折にふれ思いだすことになりました。とくに脈絡もなく、ふとしたときに頭をよぎるのです。

 今回、早稲田文学の外部編集委員になり、責任編集というかたちで特集を組むにあたって、わたしはすぐに「古くて白けて今さらフェミ」と件の彼女が感じたような特集をぜひやってみたいと思いました。

(中略)

「どうせそんなものだろう」、そう言ってあなたに蓋をしようとする人たちに、そして「まだそんなことを言っているのか」と笑いながら、あなたから背を向ける人たちに、どうか「これは一度きりのわたしの人生の、ほんとうの問題なのだ」と表明する勇気を。それが本当のところはいったいなんであるのかがついぞわからない仕組みになっている一度きりの「生」や「死」とおなじように、まだ誰にも知られていない「女性」があるはず。まだ語られていない「女性」があるはず。そして、言葉や物語が掬ってこなかった/こられなかった、声を発することもできずに生きている/生きてきた「女性」がいる。そしてそれらは同時に、「語られることのなかった、女性以外のものやできごと」を照らします。

 そこで本当は何が起きているの。

 あなたは、どこからきて、どこへいくの。

 ねえ、いまあなたは、なんて言ったの?


 いつもあまりに多くのことを見過ごして、そしてまちがってしまうわたしたちは、まだ何にも知らない。わたしたちは知りたい。わたしたちは書きたい。わたしたちは読みたい、目のまえにひろがっているこれらのすべてがいったいなんであるのかを、胸にこみあげてくるこれがなんであるのかを、そしてそれらを書いたり読んだりするこれらが、いったいなんであるのかを、知りたい──その欲望と努力の別名が、文学だと思うのです。


                                  川上未映子
-----------

出版社:筑摩書房
ISBN:978-4480993120
本体2,200円+税

http://hiruneko.thebase.in/items/9215572
posted by ひるねこ at 19:11| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。