2018年03月25日

『もしぼくが本だったら』(アノニマ・スタジオ)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ジョゼ・ジョルジェ・レトリア ぶん
アンドレ・レトリア え‎
宇野和美 やく

『もしぼくが本だったら』(アノニマ・スタジオ)


もしぼくが本だったら [ ジョゼ・ジョルジェ・レトリア ]

もし ぼくが本だったら ニューヨークのことも 古代ローマのことも 知っているだろう。
もし ぼくが本だったら うちあけられたすべての秘密を しっかりと守ってみせる。
もし ぼくが本だったら 流行や義務で 読まれるのはごめんだ。
もし ぼくが本だったら だれかをしあわせにできるなら どこへでもゆこう。
もし ぼくが本だったら <忘却>という言葉を なによりおそれるだろう。
もし ぼくが本だったら 「この本がわたしの人生を変えた」と だれかが言うのをきいてみたい。


本屋を営んでいると、

「あなたにとって本とは何ですか?」
「本の魅力とは?」

と質問されることがあります。

状況や場所、相手によって様々な答えをするわけですが、
明確に答えを出せたことは一度も無いような気がします。

それは「本」という存在が、物体としての〈紙〉の集合であるという確からしさの一方で、
〈言葉〉という、どんな風にも捉えうるものの連なりで出来ているからかもしれません。
そこに書かれている内容は不変でも、読む人やそのタイミング、心情によっては、
いくらでも世界が広がってゆく。
その幅の広さ、揺らぎこそが、本を本たらしめているのではないかと思います。

ただ、印刷された文字は絶対に変わることがないし、恣意的に変えてはならない。
それは本を出すときの大原則で、だからこそ、そこには大きな責任が伴います。
もちろん誤植訂正などはありますが、必ず原本は保管され、誰の目にも触れられるものです。

今、言葉がとても軽く扱われています。
発言から生じた齟齬を隠すために、別の人間が奔走し、犠牲になり、
明らかな誤りが勝手に削除され、あったことが無かったことのようにされる。

誰にだって間違いを犯す可能性があります。
それを認め、謝罪し、次に活かすことができるのか。
そこに人間性が表れます。

歴史の判断を仰ぐこと。
そのために言葉を記録しておくこと。
本の役目はまだまだ終わっていません。

posted by ひるねこ at 16:57| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

『丁寧に暮らしている暇はないけれど。』(SBクリエイティブ)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

一田 憲子『丁寧に暮らしている暇はないけれど。』(SBクリエイティブ)


丁寧に暮らしている暇はないけれど。 時間をかけずに日々を豊かに楽しむ知恵 [ 一田 憲子 ]


タイトルを見てドキッとしました。
暮らしをテーマにした本や雑誌を作っている人が、丁寧に暮らしていない?そんな!?

〈「イチダさんも、さぞ丁寧に暮らしているんでしょうね」と言われるのですが、実情はその真逆。毎日時間に追いかけられながら走っています。〉


完璧を目指すのではなく、使える時間の中でできることをつまみ食い、できないことは諦める。

だからこそ、短時間でスッキリ楽しく。

IMG_7130.jpg

IMG_7131.jpg

IMG_7132.jpg


誰だって丁寧に暮らしたい。
でもなかなかその時間はとれない。
けれど。

「けれど」の先にある、自分らしい暮らし。
posted by ひるねこ at 17:05| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

北欧ヴィンテージ絵本展

北欧のヴィンテージ絵本やビジュアルブックなどを紹介している ELäMä booksさんのご協力のもと、昨年に引き続いて企画を開催します。

vintagebook_ad_1.jpg

本業がデザイン事務所である ELäMä booksさんは、これまで数多くの北欧絵本やデザインの優れた本などを収集してきました。

今回は「北欧ヴィンテージ絵本展」
1930〜70年代に刊行された絵本の展示と関連書籍の販売を行います。

実際に手にとってご覧いただける貴重な機会です。入手困難なものも多いですので、どうぞお楽しみに。絵本の情報は随時お知らせいたします。

*お支払いは現金のみとなります。

●会期:4/7(土)〜 4/19(木)11:00〜20:00
(店舗営業時間に準じます) 
※最終日は18時まで
毎週火曜定休の他、休業の場合がありますので、必ずSNSをご確認ください。

●場所:ひるねこBOOKS 〈台東区谷中2-1-14-101〉根津駅より徒歩約6分

●入場無料


*展示絵本の一例


展示本_dk-no_s.jpg

ESOPS FABLER「イソップの寓話集」 1951 ノルウェー
HOS MOSTER MAREN「マレンおばさんの家へ」 1950年代 デンマーク
Lille Persille 「小さなパセリ」 1961 ノルウェー
Reinsbukken Kauto frå Kautokeino「カウトケイノから来たトナカイカウト=v 1963 ノルウェー
Da Solen blev forkølet「太陽が風邪をひいたとき」 1960 デンマーク


展示本_se-fi_s.jpg

ABC-resan  「ABCの旅」 1960 スウェーデン
Alla vi barn I Bullerbyn「やかまし村の子どもたち」 1961 スウェーデン
KAJSA KAVAT「元気なカイサ」 1964 スウェーデン
MUMIN TROLLET 5「ムーミントロール5」 1960 フィンランド
MUSIKBUSSEN「音楽バス」 1956 スウェーデン



販売本_se_s.jpg

販売本_se2_s.jpg

販売本_fi_s.jpg


〜以下、ELäMä boosさんより〜

スウェーデンのエルサ・ベスコフやポール・ストロイエル、
フィンランドのトーベ・ヤンソンなど日本でもファンの多い作品から、
ノルウェー、デンマークのまだあまり知られてない作品まで
1930年代から70年代頃の、古くて懐かしい絵本を展示いたします。

風合いのある用紙、独特な発色のインク、
個性豊かなイラストや暖かみのある丁寧な装丁。
そして年月を経ることで、その魅力がさらに特別なものとなっています。

併せて、関連書籍の販売も。
現在出版されている同じ作家の絵本を中心に、
美しいページを額装したアートなどの出品を予定しています。


☆ELäMä boos
http://elama.jp/
posted by ひるねこ at 18:18| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。