2018年03月01日

『モモコとうさぎ』『ヲトメノイノリ』『星か獣になる季節』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

●大島真寿美『モモコとうさぎ』 (KADOKAWA)


モモコとうさぎ

就活に失敗したモモコは自分の部屋に引きこもり、息をつめるように縫い物に没頭。ちくちくちく。「まあ、だからさ、あれはさ、いわゆる逃避ってやつだろうよ」ぬいぐるみのうさぎたちが会話をする。自分の巣を飛び出したモモコが出会ったものとは。働くって何だろう?



●石田千『ヲトメノイノリ』(筑摩書房)


ヲトメノイノリ (単行本) [ 石田 千 ]

「おつらいこともあるでしょうが約束してください。弱音は絶対にいわないでください」表題作は、76歳にして初めてピアノを習い始める佃煮屋の女将の物語。挑むのは名曲「乙女の祈り」。願いの底にある祈りとは?イキの良い文章に笑って泣いて。奇跡は急には起こらない。



●最果タヒ『星か獣になる季節』(ちくま文庫)


星か獣になる季節 (ちくま文庫)

地下アイドルの応援を生き甲斐にしている「ぼく」。ある日届いた、その彼女が殺人を犯したというニュース−。輝いて眩しいだけが青春じゃない。あがいてもがいて、傷ついて。妬んで蔑んで。そんな季節だ。最果タヒの言葉が疾走してヒリヒリさせる。待望の文庫化。
posted by ひるねこ at 18:33| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。