2018年03月09日

『窓から見える世界の風』(創元社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

昨夜の大雨はまるで嵐のようでした。
明けて本日もぐずついたお天気ですが、確実に春の暖かさを感じます。

今年の春一番、とっくに吹いていたのですね。
関東地方は3/1だったそう。毎年その響きを楽しみにしているのですが、今年はあっけなく過ぎ去ってしまいました。

---
福島あずさ 著/nakaban 絵
『窓から見える世界の風』(創元社)


窓から見える世界の風 [ 福島 あずさ ]

風は目に見えず、手に取ることもできません。だからでしょうか、雨や雪に比べるとどこか他人行儀で、あまり身近に感じられないのです。どこ吹く風、なんて言葉もありますね。

でもnakabanさんの描く窓辺の景色には、確かに風の姿が存在します。
そこに立てば、顔に、全身に、風を浴びられそう。


ウルグアイ・アルゼンチンの「pampero」
イタリアの「ora」
南アフリカの「cape Doctor」
ジャマイカの「Chokolate North」
日本の「だし」「肱川あらし」

北欧で言えば、デンマークの「Oe」、ノルウェー沿岸部の「Elvegust」。


IMG_6899.jpg

IMG_6893.jpg

IMG_6898.jpg


世界のある地域に、特定の季節や天候の時にだけ吹く風があります。
その土地土地に固有の風の名前には、そこに暮らす人々の営みが映し出されていて、
温度や匂いも感じられそうです。

この風に乗ったらどこまで行けるのだろう。
風の名前を追って、世界を旅してみたいです。

posted by ひるねこ at 17:13| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。