2018年06月01日

『ソウルフード探訪 東京で見つけた異国の味』『ほろ酔い天国』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

金曜の夜にぴったりな2冊が入荷しました。


●中川明紀『ソウルフード探訪 東京で見つけた異国の味』(平凡社)


ソウルフード探訪 東京で見つけた異国の味 [ 中川 明紀 ]

「毎日カレーを食べていて飽きないのか」そう問われたインド人は答える。「なぜ飽きるんだ!?全部違う料理じゃないか」

日本人が海外でご飯と味噌汁を欲するように、それぞれの国で、それぞれに求めるフードがあるはずだ。アジア・アフリカ・ヨーロッパ。東京で巡る「魂の食」の旅。



『ほろ酔い天国』(河出書房新社)


ほろ酔い天国 ごきげん文藝 [ 坂口 安吾 ]

一度くらいヘベレケになるまで飲んでみたいと思うものの、やっぱり味がわかるうちに止めてしまう。
でもそれくらいが丁度いいのかも。

この41人のエッセイを読めば、グラスに手が伸びるのは仕方なし。
もう目次だけで酔える。ただただ浸り続けたい。もちろんほろ酔いくらいで。

posted by ひるねこ at 18:56| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。