2018年07月18日

『サッカーことばランド 世界で拾い集めたへんてこワード97』(ころから)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

W杯が終わり、サッカーロスになってしまったあなたにぴったりの新刊が届きました。

金井真紀、熊崎敬
『サッカーことばランド 世界で拾い集めたへんてこワード97』(ころから)

IMG_9519.jpg

「この本を読んでも、サッカーがうまくなることはありません。
外国語がペラペラになることもないでしょう。
でも、世界がちょっとだけ広がるかもーー」

IMG_9523.jpg

IMG_9525.jpg

IMG_9524.jpg

ボール1つあればどこでもできるサッカーは、世界中で愛されています。
それだけに、場所が異なれば様々なワードが生まれてくるようです。

〈股抜き〉は、
「ナツメグ」(イギリス)、「トンネル」(スペイン)

〈ダイビングヘッド〉は、
「鳩」(アルゼンチン)、「魚の頭」(ギリシャ)

では、ポルトガル語の「せっけんぬるぬる」、スペイン語の「大きなキュウリ」はどんな意味でしょうか?

これらはほんの一例ですが、一つのプレーをとっても本当に様々な言葉で表されているのがわかります。


本書は、『パリのすてきなおじさん』などでも知られる文筆家、イラストレーターの金井真紀さんと、「Number」でお馴染みのサッカーライター・熊崎敬さんの共著。

様々な場所を歩いている二人だからこそ巡り会えた、言葉の面白さ。


31の国と地域の
27の言語で表された
97の「サッカーことば」。

サッカーを通して世界の見え方が変わるかも?


☆WEB SHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/12117633

posted by ひるねこ at 17:02| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

『うみまだかな』(クレヨンハウス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

今日は「海の日」ということで、ぴったりの新刊絵本です。

うちむら たかし『うみまだかな』(クレヨンハウス)


うみまだかな [ うちむらたかし ]

家族で海へ出かけることになった「ぼく」。

「5びょうで ついちゃったら いいのになあ。」

期待に胸を膨らませますが、なかなか辿り着きません。

「ねえ、うみ まだ?」

「うみ まだかなあ。」

外はだんだん暗くなり、雨まで降ってきます。
それなのに車は道を曲がって喫茶店へ。

嫌々入ったお店でしたが、そこでワニのおじさんから不思議なものを貰って……。

期待や不安、揺れる子どもの心情がよく描かれています。

「クレヨンハウス絵本大賞」(2016年)で優秀作品賞を受賞した作品です。


IMG_9489.jpg

IMG_9490.jpg

IMG_9487.jpg

posted by ひるねこ at 15:03| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

本屋の定期購読システムに参加します。「リトルスタッフ」〜僕らが本屋の未来を変えるまで

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

本屋の定期購読システム「リトルスタッフ」というサービスがあります。

一度聞いても「??」という感じだと思いますが、平たく言えば、
「自分の好きな本屋を、本を買うこと以外で応援できるシステム」ということです。

*詳細はこちらをお読みください。
http://little-staff.hatenablog.com/entry/2018/07/11/081016


当然のことながら、本屋は本をお客様に買っていただくことで経営を成り立たせています。
それは八百屋さんが野菜を、パン屋さんがパンを売って商売しているのと同じことです。

ところが本の場合は、「興味を持ったタイミング」と、「購入するタイミング」が必ずしも一致しません。
店頭で見かけてもお金の持ち合わせが無いこともありますし、荷物が多いので「また今度にしよう」となることもあります。今すぐに買わなければ生死に直結するわけではないですし、何と言っても腐りませんから。
またそれ以外にも、読みかけの本が家に積んである、片付けの最中で物を増やしたくない、といった事情もあるでしょう。

そうやって後回しになってしまった本は、(少なくともその時点では)当然ながら本屋の利益に繋がることはありません。
どれだけ陳列に手間をかけても、紹介に時間をかけても、売れなければ1円にもなりません。
ただでさえ粗利の少ない、本屋という商売です(新刊の場合、1,500円の本を売っても300~400円なのです)。積み重ねなければならない小さな利益が、他の事情で0になってしまったら。それが続いてしまったら。
もちろん生きてゆくことはできません。

自分がお客の立場だったとして考えます。
その本屋の空間・品揃えを魅力的だなと思っても、上に挙げたような事情で買えないこともあります。
申し訳ないなと思いながらも、立ち読み程度で済ませてしまったり。
そんな時、なんとなく罪悪感が残ってしまいます。


もう、そういうのはやめにしませんか。


それがリトルスタッフです。


品揃えや紹介が魅力的だと思うなら、本屋を応援したいと思うなら、
直接本を買うこと以外で、その場所を支えることはできないだろうか。

そういった思いで生まれたのがこのサービスです。

「本屋の選書に価値を」

無数に存在する本の中から、どれを選び、どのように提供するのか。
それはまさに本屋の腕の見せ所であり、その事が正にお客様の満足に繋がります。
いえ、それ以外には無いと言っても過言ではありません。
ならば、その「選書」自体に価値を見出し、ふさわしい応援があってもいいのではないでしょうか。
書き手と読み手を繋ぐ、プロとしての価値。

私たち本屋が生き残るため、「残って欲しい」と思っていただけるような存在であり続けるため、まずはこの新たなシステムに参加し、広めていきたいと思います。

当店も少しずつ選書を増やしていきます。
https://www.littlestaff.jp/bookstores/19

よろしければぜひ応援してください。
皆様のお力添えを、どうかよろしくお願いいたします。


posted by ひるねこ at 19:17| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。