2018年08月05日

『ノホホンむらのねこたち』(理論社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

さとうあや『ノホホンむらのねこたち』(理論社)


ノホホンむらのねこたち [ さとうあや ]

なにか新しいことを始めたいと、ノホホンむらに引っ越してきたノアールくん。

パン屋さん、ケーキ屋さん、八百屋さんなど、ご近所さんと話しているうちに、自分のしたいことが見つかります。

地元の資源を使った持続可能な社会「トランジション・タウン」がテーマの絵本。
さとうさんがお住いの相模原市緑区(旧藤野町)はそれを目指している町でもあります。

そのテーマは置いておいても、たまらなく可愛いのでとりあえず見てください。

IMG_0057.jpg

IMG_0056.jpg

IMG_0054.jpg

posted by ひるねこ at 13:06| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

『牛たちの知られざる生活』(アダチプレス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ロザムンド・ヤング著/石崎比呂美 訳
『牛たちの知られざる生活』(アダチプレス)


牛たちの知られざる生活 [ ロザムンド・ヤング ]

見ないふり、感じないふりをしていないだろうか?

牛、豚、鶏、羊。

私たちは彼ら彼女らの心に思いを寄せたことがあるだろうか?

猫や犬のように少数で飼われる動物に比べ、大きな群れで飼育される動物たちには、個別に注意を向けることが難しい。

でも、だからと言って、人の注意を引かないという理由で、彼らに感情が無いのだというのは間違っている。

深い知性、温かな愛や友情、伸びやかな表現力。

彼らにだって、もちろん備わっている。

IMG_0032.jpg

IMG_0030.jpg

IMG_0031.jpg


イギリスのオーガニック農場でのびのびと暮らす個性豊かな牛たちの日常(と事件)を、愛情豊かに描き出したエッセイ。

効率最優先の厳しい環境で育てられる動物たちに比べ、
ここに登場する彼らの、なんと自由で愛らしいことか。

そして、それはそのまま人間にとっての健康、幸福にも繋がっている。

人間と動物の関係性に、新たな視点を授けてくれる物語。


☆WEB SHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/12624549
posted by ひるねこ at 18:18| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

『村上春樹語辞典』『ぼくらの家。9つの住宅、9つの物語』『空港時光』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

●ナカムラクニオ/道前宏子『村上春樹語辞典』(誠文堂新光社)


村上春樹語辞典 村上春樹にまつわる言葉をイラストと豆知識でやれやれと読み解く [ ナカムラクニオ ]

本当に、よくぞここまでと思う。
村上春樹の作品や彼自身から浮かび上がるワードを網羅し、解説。
そしてナカムラクニオ氏の手によるイラストが味わい深い。
春樹好きな読者にとっての決定版であるのと同時に、これからこの世界に入る人々にとっての善き扉でもある。



●光嶋裕介『ぼくらの家。9つの住宅、9つの物語』(世界文化社)


ぼくらの家。 9つの住宅、9つの物語 [ 光嶋 裕介 ]

「ぼくにとって建築を考えることと、身体について考えることは、同じことなのです。」
内田樹氏の《凱風館》で建築家としてデビューした著者は、それからどんなふうに家をつくってきたのか。
擬人化された建物や猫の視点で語る、“幸福のカタチ”。



●温又柔『空港時光』(河出書房新社)


空港時光 [ 温 又柔 ]

空港ほど様々な物語が生まれる場所もそう無いかもしれない。
出発の高揚感、期待に胸を膨らませる者もいれば、別れの悲しみ、静かな孤独もまたそこにある。
羽田-台北という、地図で見れば僅かなこの距離を、それぞれの思いが飛来し、滑り降りてゆく。
言葉が超える、海、堺。
posted by ひるねこ at 17:42| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。