2018年08月30日

『なるべく働きたくない人のためのお金の話』(百万年書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

大原扁理『なるべく働きたくない人のためのお金の話』(百万年書房)


なるべく働きたくない人のためのお金の話 [ 大原扁理 ]

週休5日、年収100万円以下。

20代にして、東京の郊外で隠居生活。


そんな著者が、お金と人生についてゼロから考えた記録です。

お金の本とは言いながら、〈お金のことは、「自分がどうありたいのか問題」の一部でしかない〉という文章にもある通り、お金の不安を無くすことが目的なのではなく、その不安が無くなった時に自分がどのように生きていくのか、という点を中心に、働き方・暮らし方を見直すきっかけになる1冊です。

日々生きていれば、仕事や収入、住居や家賃、税金、保険、家族や友人との付き合いなど、諸々のプレッシャーにさらされるもの。

そういう決まりきった価値観から、如何に自分を解放できるのか。

〈自分だけの実感を、「社会の当たり前」に明け渡してしまわないことが大切です。〉

☆WEB SHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/13176868
posted by ひるねこ at 18:13| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。