2018年10月13日

『戦争なんか大きらい! 絵描きたちのメッセージ』(大月書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『戦争なんか大きらい! 絵描きたちのメッセージ』
子どもの本・九条の会 (大月書店)




“平和”という言葉は抽象的でイメージしづらく、だからこそ具体的なアクションが難しいのだ、という論があります。
だからこそ統一的なイメージを作る必要があるのだと。

それは確かにその通りで、戦争という言葉がもたらす強烈なイメージを前に、私たちは何かを失いたくないという受け身、恐怖から行動を起こさざるを得ません。

そうではなく、もっと積極的に、能動的に、平和をイメージすることはできないでしょうか。
大切な存在、町の風景、憧れの人、贔屓のチーム、将来び夢や宝物、思い出。

私の、私たちの大好きなものが、ただそこにある。
それってとても尊いことだと思うのです。


この本に登場するのは、日本を代表する絵本作家たち。
彼らの描く絵、そしてここに添えられた日本の憲法の条文には、確かに平和の姿があります。

今という時代を平和と感じるか、そうではないと捉えるかは人それぞれですが、
少なくともこれらのメッセージを守ることが、即ち平和を守り、繋ぎ、築くことであるのは間違いないでしょう。

各作家による巻末の言葉も本当に真っ直ぐ。
それは真摯で公正で、迷いなど一切ありません。

戦争も改憲も絶対に反対です。
posted by ひるねこ at 18:32| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。