2018年11月21日

『オーロラの国の子どもたち』(福音館書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

イングリとエドガー・パーリン・ドーレア さく
かみじょう ゆみこ やく
『オーロラの国の子どもたち』(福音館書店)



物語の舞台はノルウェーの北のほう、地球のてっぺんに近い北極圏のあたり。
「ラップ」あるいは「サーミ」と呼ばれる地域、人々。映画でもすっかりお馴染みになりました。

そこに住む少数民族のきょうだい、リーセとラッセが、この絵本の主人公です。


長くて暗い冬。でも二人はいたずらをしたりしながら、家族と犬やトナカイたちと楽しく暮らしています。

春がきて暖かくなると、家族と離れて村の学校に通います。
そこにはあちらこちらから集まってくる子どもたちの姿が。
一緒に勉強したり遊んだり、ここでも楽しく過ごしてます。

そして夏がくる前には、今度は家族と海辺へ放牧の旅に向かいます。
トナカイたちに新鮮な緑の草を食べさせ、やがてくる厳しい冬を迎える準備を整えるのです。


きょうだいを中心にして、サーミの人々の一年間の暮らしを温かく描いた本作。

妻のイングリがノルウェー生まれだったドーレア夫妻は、アメリカに移住してからもノルウェーに強い思い入れがあり、ノルウェー北部を旅した後、この絵本を作りました。

1930年代、実際に肌で感じた人々の生活。
衣装や食べ物、日々の習慣まで丁寧に描かれています。

ぜひご覧ください。

☆WEB SHOP⇨
http://hiruneko.thebase.in/items/14955552
posted by ひるねこ at 18:39| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

『先生と僕 夏目漱石を囲む人々 青春篇』(河出文庫)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

香日ゆら(河出文庫)
『先生と僕 夏目漱石を囲む人々 青春篇』



下戸で甘党。
お金には無頓着。

夏目漱石の人物像とその生涯を描く四コママンガ。

正岡子規・高浜虚子・寺田寅彦ら、友人・門下の人物たちとの交流もわかりやすく、こんなにも多くの作家たちに影響を与えたのかと改めて驚くほど。

クスッと笑えるエピソード、「萌え」を感じる仕草や言動。
あなたの知らない、先生の意外な一面が見えるかも?


「青春篇」には漱石の学生時代から教師時代、ロンドン留学、作家デビューまでを収録。

「作家篇」は12月発売予定。
posted by ひるねこ at 18:00| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

『にゃんこ天国』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『にゃんこ天国』(河出書房新社)



33人の猫話アンソロジー。

「猫、想像力を鍛える」(角田光代)、「うずまき猫の行方」(群ようこ)他、村山由佳や佐野洋子、夏目漱石に石田孫太郎まで。

どの関係性も愛おしい。村上春樹とピーターに胸がグッと。

ここは天国。装画は死後くん。

猫、飼いたいなあ。

☆WEB SHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/14891480
posted by ひるねこ at 18:36| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。