2018年12月09日

『デンマーク幸福研究所が教える「幸せ」の定義』(晶文社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

マイク ヴァイキング 著/枇谷 玲子 訳
『デンマーク幸福研究所が教える「幸せ」の定義』(晶文社)



「世界一幸せな国」とされるデンマーク。
でも主観に過ぎない「幸福」を、どうやったら測れるのでしょうか?遺伝子や年齢の影響は?

著者は、「幸福研究所」という名のシンクタンクのCEO。

『ヒュッゲ 365日「シンプルな幸せ」のつくり方』
『リュッケ 人生を豊かにする「6つの宝物」』
などの著書が相次いでベストセラーになるなど、「デンマーク=幸せの国」を支える第一人者とも言えます。

 

そんな彼が、哲学や生物学、社会学などの様々な観点から、その「幸福」の仕組みを解き明かします。

日本でも一大ブームとなった「ヒュッゲ」とはまた違ったアプローチで、より具体的に迫った1冊。

「幸せ」って、何でしょう?


◎幸せは普遍的な概念?
◎ある調査では幸福なのに、別の調査では不幸
◎経験VS記憶
◎44歳、中年太り、人生下り坂
◎幸福度調査でドーピング?
◎デンマークは不幸な人を減らすのがうまい
◎学校のカリキュラムにおける幸福


☆WEB SHOP⇨
http://hiruneko.thebase.in/items/15458275


posted by ひるねこ at 17:56| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

『わたしをひらくしごと』(アノニマ・スタジオ)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

野村美丘 取材・文/藤田二朗 写真
『わたしをひらくしごと』(アノニマ・スタジオ)



その仕事に辿り着いた経緯や動機は様々でも、きっとそれは必然だったのだろうと思う。

花屋、獣医師、ダンサー、冒険家……。

ここに登場する15人は、仕事と人生が混ざり合い、溶け合っている「自分自身が肩書き」の人たち。

どうやって働き、どうやって生きるかは、限りなく自由だ。


・ハナミドリ 上田 翠さん(花屋)

・鮎藤革包堂 鮎澤 剛さん(革を使ったカバンなどの制作)

・タカ・ハヤシ アイリッシュダンスアカデミー 林 孝之さん(ダンサー)

・エルム動物病院 蟹江 健さん(獣医師)

・シンクボード 山倉あゆみさん(プランニングディレクター)

・杉山開知さん(アース関係)

・ワランワヤン 土屋由里さん(雑貨屋)

・naru 石田貴齢さん(蕎麦屋)

・蕪木 蕪木祐介さん(珈琲とチョコレートの製造、喫茶室運営)

・月のチーズ 月村良崇さん(チーズ製造)

・エイジワークス 軸屋鋭二さん(ボディワーカー)

・立花テキスタイル研究所 新里カオリさん(循環型染織研究家)

・ちゅらねしあ 八幡暁さん(海洋人間)

・ニーハイメディア・ジャパン ルーカス B.B.さん(クリエイティブディレクター)

・((スタジオ)) 峯崎ノリテルさん 正能幸介さん(デザイナー)
posted by ひるねこ at 18:56| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

『百人一首という感情』(リトルモア)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

最果タヒ『百人一首という感情』(リトルモア)



これを歌にしたいと思った瞬間の、彼らの衝動や感情。千年後の詩人は、それをどう辿るのか。

最果タヒが見つけ、寄り添う、当時の眼差し。

解説でも代弁でもない。共振し、震え続ける思い。

百人一首を詩の言葉で。
最高に、エモい。

☆WEB SHOP⇨
http://hiruneko.thebase.in/items/15458168
posted by ひるねこ at 19:48| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。