2019年01月16日

『おおかみのおなかのなかで』(徳間書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

マック・バーネット 文
ジョン・クラッセン 絵
なかがわちひろ 訳
『おおかみのおなかのなかで』(徳間書店)



ある朝、おおかみにパクッと食べられてしまったねずみ。

「もう おしまいだ。いっかんの おわりだ」

お腹の中で泣いていると、「しずかにしてくれよ!」と怒鳴り声が。
なんとそこには、あひるが住んでいたのです。

あひるはおおかみのお腹の中に入ってくるテーブルや食べ物を使って、まるで自分のお家のように仕立てていました。

「ようこそ わがやへ。」

彼らはおおかみをそそのかし、次々に食べ物を手に入れます。
食べて踊って楽しい生活を送っていたある日、狩人が現れて銃を構えたから、さあ大変です……。

『サンカクさん』『シカクさん』などでお馴染み、大人気コンビによる爆笑必至の1冊です。



posted by ひるねこ at 17:02| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。