2019年04月15日

『あのこのたからもの』(ブロンズ新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

種村有希子
『あのこのたからもの』(ブロンズ新社)


あのこのたからもの [ 種村有希子 ]

友だちとけんかして、泣きながら帰ってきたはなちゃん。
「ただいま」も言わず、洋服だんすに飛び込みました。
悲しいことがあると、いつもそこでいっぱい泣くのです。

でも今日は、なんと、中に知らない女の子がいるではありませんか。

どこかはなちゃんに似たその子は、お母さんと同じ名前。

お互いの胸の内を話し合ううちに、けんかした友だちのことが大切に思えてきて……。


種村さんと言えば、『かくれんぼ』(アリス館)でもクローゼットの中を舞台にしていましたね。
暗く、閉じられた場所での成長物語という点では、名作『おしいれのぼうけん』(童心社)に通じるところがあるかもしれません。

彼女が描く女の子の感情の移ろい、表情の豊かさ、そして心の成長というところに、いつも絵本というものの良さを思い出します。


種村さんには、昨年春に『きょう、おともだちができたの 』(童心社)の原画展を開催していただきました。

そして明後日4/17(水)の午前中に、出版社さんと一緒にご来店くださるそう。久々にお会いするのが楽しみです。


☆WEB SHOP
➡️ http://hiruneko.thebase.in/items/19293245


 




posted by ひるねこ at 19:03| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。