2019年04月18日

『「社会を変えよう」といわれたら』(大月書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

木下 ちがや
『「社会を変えよう」といわれたら』(大月書店)


「社会を変えよう」といわれたら [ 木下ちがや ]

今の政権は、これまででは考えられないような非常識な手法で支配を強め、人々の間に無力感・無関心を蔓延させてきた。

理性と知性のある人なら、誰がどう見ても倒れるべきと思える政権が、辞めるべき人が、そのまま居座っている。

それはつまるところ、「代わりがいない」「どうせ変わらない」という、本来であれば“負”であるはずのイメージを積極的に作り上げてきたからだ。


「酷いから倒れない」
「人気がないのに一強」

そんなおかしなことは、もういい加減終わりにしたい。


というか、このまま平成の終わりとともに、様々な疑惑や問題がうやむやにされてしまうのでは、という心配が尽きない。

改元や新紙幣、オリンピックや万博に気を取られて、肝心のことを見逃していないだろうか。

「問題ない」「指摘は当たらない」「真摯に受け止める」といった誤魔化しの言葉を、そのまま受け入れていないだろうか。

本来ならば解決しなければならなかった課題を、先送りにし続けた平成という時代。

その瓦礫の山は、やがて隠しきれずに、嫌が応にも私たちの目の前に晒されることになる。


ただ、この数年間、特に3.11以後、決して悪いことばかりではなかった。

それは新しい政治とも言える、様々な社会運動の萌芽が見え始めたことだ。

原発に対して、憲法「改正」に対して、TPPや米軍基地、レイシズムや様々な差別に対して、地域や街頭や、SNSで声が上がり、それは間違いなく大きなうねりになった。

私たちは次の時代を、どのように歩んでゆくのか。

絶望ではなく希望を。
ネガティブにではなく、ポジティブに。

政治学者こたつぬこ先生による、「ちょっとした前向きさ」を後押しする一冊。

心のある論理。

社会を変えよう。


http://hiruneko.thebase.in/items/19361356
posted by ひるねこ at 18:45| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。