2019年06月20日

『クレール パリの女の子が探す「幸せ」な「普通」の日々』(DU BOOKS)

オード・ピコー 著/大西愛子 訳
『クレール パリの女の子が探す「幸せ」な「普通」の日々』(DU BOOKS)


クレール パリの女の子が探す「幸せ」な「普通」の日々 [ オード・ピコー ]

結婚や子育て。男女の考え方の違い。
30代のクレールは常にプレッシャーを感じ、幸せを求め続けている。
目に見えない足枷のようなものが、ずっとまとわりついているようだ。

舞台はフランス・パリ。仕事熱心だし、それなりに順調。
でも「女」を取り巻くあれこれに翻弄される彼女の悩みに、国境はない。

「ふううん。つまり、いつも演技しろってことね?」
友人との会話の中で何気なく発せられたこの一言は、実はとても重い。

35歳になったクレールが選んだ道とは?

山内マリコ氏のあとがきに、今を生きる女性の等身大の姿が詰まっている。

☆WEBSHOP➡️
http://hiruneko.thebase.in/items/21303241
posted by ひるねこ at 18:05| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。