2019年06月29日

『たぶん彼女は豆を挽く』(mille books)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

庄野雄治
『たぶん彼女は豆を挽く』(mille books)


たぶん彼女は豆を挽く [ 庄野 雄治 ]

「こんなに広く普及しているにもかかわらず、良く知られていない食品も珍しい」

豆や道具の選び方、美味しく淹れる方法など、コーヒーの奥深き魅力と、徳島・アアルトコーヒーの日々のこと。

シンプルで雑味のない文章は、澄み切った一杯のよう。
一方で、ロースターとしての蓄積、店を営業してきた経験が醸し出す、深みとコク。

吉祥寺「moi」の店主・岩間氏が解説で触れている「最上級の、普通のコーヒー」というのは、
著者が綴る文章そのままで、選び抜かれた言葉の端々からも香ってくる。

2010年刊行の著書に50編の書き下ろしエッセイを加え、コンパクト新装版として復刊。

堀井和子との超簡単なハンドドリップ講座、長谷川ちえとのお店を続けていくための対談も掲載。

「あなたはコーヒーが好きですか?」
posted by ひるねこ at 17:51| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。