2019年07月24日

『絵本原画ニャー! 猫が歩く絵本の世界』(青幻舎)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

福永信 執筆・構成
『絵本原画ニャー! 猫が歩く絵本の世界』(青幻舎)


絵本原画ニャー! 猫が歩く絵本の世界 [ 青幻舎プロモーション ]

石黒亜矢子、町田尚子、片岡まみこ…。

今をときめく若手から、既にこの世を去った伝説の作家まで。

15組の絵本作家が描いた猫たちは、今にも動き出し、飛び出してきそう。

同じ「猫」でも、ここまで違う。

これだけの仕事を1冊で見られるのは、まさに贅沢の極み。

ミニ絵本、シールが付き、年表まで読み応え抜群。

読まにゃい訳にはいかないですぞ。

☆WEB SHOP➡️
http://hiruneko.thebase.in/items/22167264
posted by ひるねこ at 17:37| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『このほん よんでくれ!』『まほうの絵本屋さん ようこそ海へ』『なつのもりの かぶとむし』

ベネディクト・カルボネリ 著、ミカエル・ドゥリュリュ― 絵、ほむら ひろし 訳
『このほん よんでくれ!』(クレヨンハウス)


このほん よんでくれ! [ ベネディクト・カルボネリ ]

人間の親子が読んでいる絵本に夢中になったオオカミ。拾ったものの、字が読めません。

「だれか よんでくれ」。動物たちが逃げ惑うなか、ウサギが名乗りでました。
やがてオオカミは読み方を教えて欲しいと頼みます。でも、もしそうなったら、うさぎは用なしに……?


小手鞠るい 作、えがしらみちこ 絵
『まほうの絵本屋さん ようこそ海へ』(出版ワークス)


まほうの絵本屋さん ようこそ海へ [ 小手鞠るい ]

砂浜を歩いていて見つけた絵本屋さん「うみねこブックス」。しろねこさんが大きなクジラの描かれた絵本を開くと、風がふき、海の香りが。

空と海のぼうけんの旅で出会ったのは、1年前に亡くした愛犬のマリン。ページをめくれば、いつでも会える。



谷本雄治 文、サトウマサノリ 絵
『なつのもりの かぶとむし』(文渓堂)


なつのもりの かぶとむし [ 谷本雄治 ]

夏の夕暮れ、かぶとむしが食事に出かける時間です。くぬぎの木で樹液をなめていると、やってきたのはくわがた。
「さあ、こい!」二匹の取っ組み合い、勝負の行方は……。

サトウさんのダイナミックなイラストと、生態の細かな解説。本格的な「虫絵本」が誕生!
posted by ひるねこ at 15:10| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。