2019年11月25日

『私は本屋が好きでした』(太郎次郎社エディタス)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

永江朗
『私は本屋が好きでした』(太郎次郎社エディタス)


私は本屋が好きでした あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏 [ 永江 朗 ]

制度疲労、無関心、あきらめ。
様々な理由が絡み合い、いつしか書店の一角には、特定の人々を攻撃し、排除する憎悪の棚≠ェ出来上がった。

「入荷するから」「売れるから」という言い訳。そこには「何を売り、売らざるべきか」という、本屋が持つべき批評性も、「何が正しいか」を考える姿勢も、「どういった社会を作りたいか」という価値観も、微塵も見てとることはできない。

「仕事だから」「配本が多い」「間口を狭めない」
どれももっともな理由に思える。一部の例外を除けば確かにどの書店も経営に苦しみ、同じ状況の出版社も取次も、“手っ取り早く金になる”本を生み、流通させる。

積極的にしろ消極的にしろ、そういった類の本を作り、運び、並べることで生じる影響についての、想像力の欠如、無責任。

ごく一部の人々の溜飲を下げるだけの、「本」とも呼べないような代物は、どす黒い不快感と恐怖を売り場に生み出し、店に立ち寄っていた「本好き」の足を、少しずつ、あるいは急速に本屋という場所から遠ざけた。


「本屋が好きでした」
本書のタイトルに、既に過去形が使われていることに、悲しみと寂しさを感じざるを得ない。

そして、そういった「ビジネス」を当たり前のようにこなす人々に哀れみを禁じ得ない。


ヘイト本を置かずとも成り立つ店はある。いやむしろ、そうでなければならない。本屋とは、本当に万人の欲望に対して公平に開かれているべき場所なのか?

誰かを傷つけたい。馬鹿にしたい。
徹底的に踏みにじりたい。
そんな欲望に対しても?


もし、どうしても置かねばならない事情があるのであれば、その隣にはそれに対抗できる本を並べるべきだ。いかなる場合も公平中立であるべきと考えるならば、当然それをして然るべきだ。

できないのであれば、それはただの怠慢に過ぎない。
いつか訪れる滅びの時を待つしかないだろう。

もう、言い訳は聞き飽きた。

出版界はアイヒマンばかりなのか。

http://hiruneko.thebase.in/items/24784593
posted by ひるねこ at 19:24| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【満員御礼】“Here, you are.”  〜あなたとここにいる〜 安達茉莉子による言葉と絵のプレゼント企画

*定員に達したため、お申し込みを締め切りました。
キャンセル待ちをご希望の方は、引き続きメールにてご連絡ください。


夏に続き、安達茉莉子さんのイラスト企画第2弾を実施します。

IMG_0132.jpg

当店のお客様にはお馴染みの安達さん。『何か大切なものをなくしてそして立ちあがった頃の人へ』/『The Feeling When…日常の中に生まれてくるある瞬間について』などのリトルプレスも人気です。

好評だった前回同様に、お客様とお話をしながら、そのとき安達さんの中に浮かんできた言葉とイラストを描きます。
今回のテーマは「未来へ」。
2020年の自分に向けてでも、少し先でも、もっと先でも。

安達さんの言葉とイラストが生み出される瞬間を、ぜひお楽しみください。

IMG_0134.jpg

●開催日時
2019年12月21日(土)
・12時〜12時半
・12時半〜13時
・13時〜13時半
・13時半〜14時

・16時〜16時半
・16時半〜17時
・17時〜17時半
・17時半〜18時

各時間帯につき、おひとり様

*14〜16時はフリータイム。当日、空きがあればご案内可能です。
*できるだけ、事前のご予約をお願いいたします。


●サイズ
ポストカードサイズ (封筒に入れてお渡しします)


●料金
2,000円(税込)


●所要時間

お一人様 20分程度


●お申し込み

下記メールアドレスまで、〈お名前、ご連絡先、ご希望の時間帯(第1希望、第2希望)〉をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「12/21 安達茉莉子イラスト企画 参加希望」


☆プロフィール

安達茉莉子

大分県日田市出身。大自然に囲まれながら、本と空想の世界にトリップするインドアな幼少時代を過ごす。政府機関での勤務、篠山の限界集落での生活、イギリスの大学院留学など様々な組織や場所での経験をする中で、人間が人間であるための「言葉」を拠り所として制作を続けてきた。
2015年からは、東京都内でセルフパブリッシングレーベル"MARIOBOOKS"を開始。言葉とイラストで「物語」を表現する。

東京外国語大学卒業
英・サセックス大学開発学研究所 開発学修士課程修了


書籍の仕事に、『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(タバブックス)挿画、『エトセトラ vol.1』(エトセトラブックス)イラストエッセイなど。
https://www.mariobooks.com/


posted by ひるねこ at 17:37| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イラスト企画】ねこくんとねずみくんからの贈り物

絵本出版記念 やまぐちまりこ個展「ねこくんとねずみくん もりのおくりもの」
にあわせて、イラスト企画を開催します。

event_2019nekonezu.jpg

ねこくんとねずみくんは、
大好きなあなたにプレゼントを届けようと準備中。
あなたの欲しいプレゼントをふたりに教えてください。
プレゼントを届ける瞬間をイラストにします。


●開催日時
12/5(木)
12/7(土)
12/8(日)
12/13(金)

*各日3名さま限定

*いずれも、下記の時間帯でご予約を承ります。
11時半〜
12時半〜
13時半〜


●料金
3,000円(郵送をご希望の場合は、送料を別途頂戴します)


●サイズ
はがきサイズ(鉛筆と水彩絵の具で仕上げます)


●所要時間

40分程度


●お申し込み

下記メールアドレスまで、
〈お名前、ご連絡先のTEL、ご希望の日時(第1希望、第2希望)、プレゼントしてほしいアイテム〉
をお知らせください。
⇒hirunekobooks@gmail.com 
件名「ねこくんとねずみくんからの贈り物 参加希望」


*ご本人以外に描いてほしい方がいらっしゃいましたら、お写真を店頭までお持ちいただくか、メールにてお送りください。

*絵本出版記念 やまぐちまりこ個展「ねこくんとねずみくん もりのおくりもの」の詳細は
➡️http://hirunekodou.seesaa.net/article/471412187.html?1574584905




☆プロフィール

やまぐちまりこ

東京都墨田区両国生まれ。台東区在住。
2016年 セツ・モードセミナー夜間部に通い、翌年より作品の発表を始める。
現在は教育書など、出版関係のフィールドでイラストレーターとして活動。

どうぶつたちの豊かな表情を通して、ほっと穏やかな気持ちになっていただける世界を目指しています。
絵本とキャラクターたちを通して、沢山の方と出会い、繋がることができました。
作品だけでなく、生まれたご縁も私にとって大切な宝物です。
どうぶつたちと一緒に、ゆっくりと楽しんでいただけますように。


WEBサイト:
https://marikoyamaguchiil0.wixsite.com/marikoyamaguchi
twitter :mariko_y_illust

instagram:mariko_y_ehon
posted by ひるねこ at 17:33| Comment(0) | 展示・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。