2020年03月26日

【掲載のお知らせ】「レトロイズム」

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

Webマガジン「レトロイズム 〜visiting old, learn new〜」にて、
インタビューを受けました。

懐かしいもの、後世に残したいものを発信しているサイトで、
特に古本のことについて語っています。

よろしければご覧ください。

http://retroism.jp/2020/03/25/old-book-2/
posted by ひるねこ at 22:46| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『本の花 料理も、小説も、写真も』(角川文庫)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

平松 洋子
『本の花 料理も、小説も、写真も』(角川文庫)


本の花 料理も、小説も、写真も (角川文庫) [ 平松 洋子 ]

向田邦子のエッセイに登場する卵。
子どもの頃に読んだ『いやいやえん』。
好きな文庫は『科学以前の心』。

食の本棚、物語の本棚、暮らしの本棚。

食エッセイの名手が紹介する、215冊。

ああ、あの本もこの本も読みたい。

本への愛がほとばしる。
posted by ひるねこ at 17:20| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

『フィンランド人はなぜ「学校教育」だけで英語が話せるのか』(亜紀書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

米崎 里
『フィンランド人はなぜ「学校教育」だけで英語が話せるのか』(亜紀書房)


フィンランド人はなぜ「学校教育」だけで英語が話せるのか [ 米崎 里 ]

フィンランド語を耳にしたことがある方は、どれくらいいるでしょう?
旅行先、あるいは映画やテレビで耳にしたことがあるかもしれませんが、それは、言語的にも文化的にも英語とは非常に異なっていたはずです。

「英語母語話者から見た諸言語の習得難易度」ではカテゴリーWに分類され、チェコ語やロシア語、トルコ語などと同じ区分になります(ちなみにデンマーク語・ノルウェー語・スウェーデン語はカテゴリーT、日本語はカテゴリーXで最高難易度。いずれも本書の表より)。

にも関わらず、彼の地では大抵の人が英語で会話ができるのです。
それも片言程度というわけではなく、特に若い世代ではそのほとんどが、「まずまず」「スラスラ」話せます。

店主自身も2度訪れたことがありますが、こちらの申し訳程度の英語でも聞き取ってくれ、なんのストレスもなく旅行できた思い出があります。

これは一体どういうことなのでしょうか?
なぜ彼らは高いレベルで英語を使うことができるのでしょうか。

工夫を凝らした教科書、少人数クラスと恵まれた環境、大量のインプットと最後のアウトプット、英語専科教員の英語力の高さ。

世界屈指の学力を誇る教育大国フィンランドにおける、独自の英語教育。

その成功の軌跡と、日本への示唆がここに。

https://hiruneko.thebase.in/items/27264498
posted by ひるねこ at 18:13| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。