2020年03月30日

『アネモネ戦争』(蝙蝠社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

上村亮太
『アネモネ戦争』(蝙蝠社)

FBC7F163-D963-44C8-8614-6A6DE4F62695.jpg

遠いむかしのこと。
人々は野に咲く小さな花に「アネモネ」という名をつけました。

アネモネの種は風にのって旅だち、あちこちで花を咲かせます。そうやってその種類を、少しずつ少しずつ、増やしていきました。

FAA0477A-7C8C-4DEF-A1E9-C24B00114CF2.jpg

人々は、アネモネの花をだんだん好きになり、やがて自分の手もとにおいておきたい、と思うようになったのです。

ついには街中に、新しい種類の、様々な花が咲くようになりました。

そんな中、ある国の欲ばりな王様が、学者を呼んで命じました。

「わが国だけに咲くアネモネを作れ。それだけではない。それは世界でいちばんきれいなアネモネでなくてはいかん。

その花も種も球根も、私だけのもの、わが国だけのものだ。作りかたの秘密は、決して、だれにももらしてはならん」

301A568C-B3F0-4BB5-A5E2-D9AB3A30D3F0.jpg


こうして生まれたアネモネを、王様は誰にも見せず、ひとりだけで楽しんでいました。

ところがある日、強い風が吹き、その種が国境を越えて隣の国まで飛んで行ってしまいます。

「アネモネの秘密を守るための戦争だ!」

人々がよく知らないうちに、突然戦争が始まりました。
でも、誰もどこで何が起こっているかわかりませんでした。
それはすぐには目に見えなかったからです。

そのうち、街のなかからは、少しずつ人がいなくなり、笑い声も少なくなっていきました。

人々は、いつしか、もっと黙るようになっていきました。
そして自分の目で見ようとすることも、戦争について考えることも、やめました。

自分だけが安全だったらいい、と思うようになりました。

……でも、それこそが、「戦争」だったのです。


そんな日々が続いた、ある晴れた日のこと。
どこからか声が聞こえてきました。

誰に、何を呼びかけているのでしょう。

その声は風にのって、遠くへ遠くへと、はこばれていきました……。



アネモネには「風の娘」という意味があります。

私たちも一輪のアネモネのように、この世界に、風にのせて届けられる言葉がある。
かかげるべき「のろし」がある。

そんな願いと想いを込めて作られた、一冊の絵本。

美術家・上村亮太氏の直筆イラストと特製ケース入り。
限定500部。

☆WEBSHOP➡️
https://hiruneko.thebase.in/items/27336617

5975DE9C-EA56-414E-9FE1-A031734BF501.jpg
posted by ひるねこ at 18:54| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。