2020年04月23日

『北欧の幸せな社会のつくり方』(かもがわ出版)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

あぶみ あさき
『北欧の幸せな社会のつくり方』(かもがわ出版)


北欧の幸せな社会のつくり方 10代からの政治と選挙 [ あぶみ あさき ]

北欧各国の選挙は、まるでお祭りのようだ。

候補者がコーヒー片手に市民と語り合うのは普通のこと(コーヒーさえ用意できない政党は「勝つ気がない」と言われるほど)。
「有権者」ではない小さな子どもも、はたまた他党の支持者であっても、皆ごく自然に選挙スタンドに立ち寄り、おしゃべりをしたり、お茶を飲んでいく。

カラフルな選挙グッズが配られるかと思えば、スタッフは皆にこにこと笑顔で、市長は気さくにチェスをする。
大学キャンパスの選挙活動も盛り上がり、投票所となる学校にはカフェが開かれる。

日本とはまるで違う風景は、どのようにして生まれるのだろう。

社会科の授業では活発に議論が交わされ、中高生は当たり前のように「民主主義」という言葉を使う。

学習の一環で選挙スタンドをまわる小学生たちが、党員に対してする質問で一番多いのは、「あなたの政党は、難民のために何をするのか?」だそうだ。


「政治」や「政治家」といった存在が、私たちには考えられないほど身近なところにある北欧各国。

もちろん北欧が完璧な訳ではないし、制度や規制の違う日本が全てを真似するのも違う。

ただそれでも羨ましいと思ってしまうのは、「自分の一票が確かに社会を変える」という意識を多くの国民が持っていることだ。

だからこそ当然のこととして若者がデモを行い、声を上げる。
それが未来へ繋がると信じているからだ。

「世界幸福度ランキング」で常に上位を占める北欧勢。

それは自分たちの力で社会を作り上げていること、その実感があるからに他ならない。

ひとりひとりが社会を動かす。
それこそ本当の民主主義だ。


☆WEBSHOP ➡️
https://hiruneko.thebase.in/items/28329899
posted by ひるねこ at 19:01| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。