2020年06月29日

『北欧の森のようちえん』(イザラ書房)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

リッケ・ローセングレン 著
ヴィンスルー美智子、村上進 訳
『北欧の森のようちえん』(イザラ書房)


北欧の森のようちえん 自然が子どもを育む デンマーク・シュタイナー幼稚園の実践 [ リッケ・ローセングレン ]

子ども時代の自然の中での冒険は、物事の不思議さを知り、未知のものに出会う良き機会。

環境意識の高さ、社会に対して自分の力を役立てようとする意志。

北欧デンマークのある幼稚園の実践は、様々な示唆を与えてくれる。

本書によく登場する「nærvær」(ネァヴェア)とは、
日本語で言えば「その場に存在し、今そこで起きていることに関わる」ということ。
「自分の行動を意識して、共にいる人にしっかりと心を向ける」という意味も含んでいるそう。

自然の中で共通体験をし、その瞬間を大切にすることが、より自然や身の回りの人、そして自分自身と一体化することに繋がる。

人知を超えたもの、目に見えないけれど確かにそこにあるもの。

子どもたちの可能性を大きく広げる、実践の日々と記録。

https://hiruneko.thebase.in/items/30773272
posted by ひるねこ at 18:55| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。