2020年07月09日

『植物園の世紀 イギリス帝国の植物政策』(共和国)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

川島昭夫
『植物園の世紀 イギリス帝国の植物政策』(共和国)


植物園の世紀 イギリス帝国の植物政策 [ 川島昭夫 ]

現在では憩いの場として利用される「植物園」。
だがその起源は、イギリスの植民地戦略にあった。

植物は、こんなにも人間と関わり合い、せめぎ合い、“経済”と強く結びついてきた。

「緑」や「自然」とは異なる、植物の知られざる姿と役割。

https://hiruneko.thebase.in/items/31413724
posted by ひるねこ at 17:20| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。