2020年08月31日

『少女のための海外の話』(ミツイパブリッシング)

三砂ちづる
『少女のための海外の話』(ミツイパブリッシング)


少女のための海外の話 [ 三砂ちづる ]

いつか海外へ出るあなたへ。

途上国の国際プロジェクトで実績を積み、現在は津田塾大学で国際協力を教える著者が、海外で働く魅力を伝える。

役立つ持ち物や外国語の学び方といった具体的なアドバイスから、「日本人」とは誰か、国際的な現場での“賢さ”、世界の見え方が変わった、という話まで。

豊富な経験をもとに語られる言葉には、少女・女性たちへの願いと覚悟が込められているようだ。

コロナ禍において、世界中の人が思うように他人に会えなくなった。それでもなんとか、私たちは繋がることが出来ている。

〈国際連帯、ということ、遠くにいる人のことを我がことのように感じるということ。国際的に生きる、とは、自らの想像力を使って、知の翼を広げて行くこと。〉

外国に行く。外国について学ぶ。
それは「自分が何も知らないことを知る」ことでもある。

☆WEB SHOP➡️
https://hiruneko.thebase.in/items/33200748
posted by ひるねこ at 17:53| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

「mina」掲載のお知らせ

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

雑誌「mina」10月号で、当店をご紹介いただきました。

F143FB30-F55D-4FD4-967E-9819D80D6DC6.JPG

9AFEC7F5-3F26-40F2-9D51-AEEF7F8FA0FD.JPG

本好きなモデルさんが撮影に来てくださり、楽しい取材でした。

当店では取り扱いがありませんが、書店店頭で見かけましたらぜひご覧ください📘
posted by ひるねこ at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

『本とあるく旅』(産業編集センター)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

森まゆみ
『本とあるく旅』(産業編集センター)


本とあるく旅 (わたしの旅ブックス 23) [ 森 まゆみ ]

本を携え旅に出て、本に導かれてまた旅をする。

地域雑誌「谷中・根津・千駄木」編集人として知られる著者が、呼吸をするように読んできた本たち。

漱石の松山、鷗外と奈良、熊楠と紀州……。
名作の舞台や作家の故郷、訪れた先々での出会い。

遠出がままならない今、家の中で本の森に踏み入ることもまた、本とあるく旅なのかもしれない。

読書の愉楽と旅の醍醐味を味わう。
posted by ひるねこ at 18:02| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。