2021年01月22日

『せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子』(光村教育図書)

キース ネグレー 作、石井睦美 訳
『せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子』(光村教育図書)


せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子 [ キース ネグレー ]

今からちょっと昔の約150年前、女の子はズボンをはいてはいけなかった。そんな事、信じられる?

でも、それがおかしい事だなんて誰も思わなかった。これまでもそうだったし、これからもそうだって、みんなが言ってた。

メアリーひとりを除いては。

ズボン姿で出かけたら町は大騒ぎ。非難され、批判され、ドレスを着ろと迫られる。

でもメアリーは負けなかった。

「わたしは男性の服を着ているのではありません。わたしはわたしの服を着ているのです」。

作家、教師、女性初の軍医として活躍し、フェミニストとして知られたメアリー・E・ウォーカーの幼い日を描く。
posted by ひるねこ at 19:12| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。