2021年03月18日

『岩波少年文庫のあゆみ 1950-2020』(岩波書店)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

若菜 晃子
『岩波少年文庫のあゆみ 1950-2020』(岩波書店)


岩波少年文庫のあゆみ 1950-2020 (別冊2) [ 若菜 晃子 ]

1950年のクリスマスの創刊以来、途切れることなく刊行され続けてきた岩波少年文庫。

その70年のあゆみを振り返るとともに、代表作と作家の解説、挿絵画家の逸話、翻訳者の仕事にも光をあてた初めての保存版。

誰もが知る名作から、岩波少年文庫ならではのラインナップも。

お馴染みの背表紙を眺めながら「次はどれを読もうか」とワクワクしていた気持ちを思い出す。口絵の「装丁の変遷」から既に、胸の高鳴りを抑えきれない。

著名人の文章も多数再録。
創刊から現在までの総目録付き。

『モモ』、『ふたりのロッテ』、『小さい牛追い』、『たのしい川べ』……きっとまた、読みたくなる。
posted by ひるねこ at 18:19| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。