2016年03月16日

『貧乏は幸せのはじまり』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

『貧乏は幸せのはじまり』(ちくま文庫)



著者は言わずと知れた、書評家・古本ライターの岡崎武志氏。
古今東西の有名人たちの「貧乏」エピソードが紹介されています。

貧乏なのになぜかいつもモテモテだった詩人・金子光晴
文豪の娘とは思えないボロボロのアパートに暮らした森茉莉
全盛期の2億円の収入から一転、2万円のお年玉で金縛りにあった岸部四郎
その他、五木寛之、赤瀬川源平、西原理恵子、井上陽水、明石家さんま……などなど。

さらに三好達治や石川啄木の借金術から、「パンの耳」や「四畳半」の話まで、
とにかく貧乏話が満載で、時にしんみり、時にクスッとさせられる「貧乏指南書」

とても悲惨な状況なのに、どこかユーモラスで朗らかな「貧乏」ならぬ「ビンボー」に、
こちらまで明るい気持ちにさせてくれます。

お金がないからこそ生まれる生活の知恵や、持たない暮らしの幸福感などは、
学ぶべきところが多いかもしれません。

あとがきで引用されていた、映画「群衆」の1場面。

「金ができると俗物が集まってくる。いつのまにか車を買わされる。
車を買えばガソリンに税金に保険に違反の罰金だ。
払うために働くハメになり、自由はなくなり、自分も俗物になるんだ」

金と自由の関係を見事にあらわしたこのセリフこそ、本書に登場した人物たちが学び、
そして身に付けた真理なのかもしれません。
そしてそれが「幸せのはじまり」なのかもしれませんね。

ライター荻原魚雷氏、古書ますく堂店主の増田啓子氏との対談も読み応えバツグン!
実感のこもった、明るいビンボー話に勇気と元気をもらえます。


posted by ひるねこ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。