2017年03月28日

『団地のはなし』『心地よさのありか』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

東京R不動産『団地のはなし』(青幻舎)


団地のはなし [ 東京R不動産 ]

そういえば団地というものに縁がない人生でした。
今まで住んだのは、戸建てか一人暮らしをした小さなマンション。
外から見るとどこか画一的で温度が感じられなかった団地には、実はほどよい距離感と共同体のもつ味わい、未来の暮らしのヒントがありました。

この団地には最果タヒ、ジェーン・スー、菊池亜希子、松田青子など、今をときめく女性作家/クリエイター8人の才能が集います。小説、詩、漫画、インタビューなど。想像力をかき立てられる、そんな不思議な魅力が団地にはあるのでしょう。これは間違いないく面白いです。

さらにアートディレクションは大島依提亜。なんともステキな装丁です。
ぜひお手に取ってご覧ください。


●小川奈緒/小池高弘『心地よさのありか』(パイインターナショナル)


心地よさのありか [ 小川奈緒 ]

小川奈緒さんの綴る文章にはいつでも自然と背筋が伸びます。同時に優しく温かく包まれる感じも。そしてそこに寄り添う小池高弘さんのイラストにふっと気持ちが軽くなります。

それはきっと2人が“心地よい人”だからでしょう。
衣食住に「心地よさ」を求めるとき、それは外側にはなく、その種は自分の中にあるのです。

作品集『sketch』も引き続き販売中です。
明日からの日々に彩りをもたらしてくれる、そんな言葉と絵をお守り代わりにいかがですか?

posted by ひるねこ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。