2017年04月28日

『ひげひげ わたりひげ』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

明日からいよいよGW。きっとゴキゲンにお過ごしな方も多い金曜日、
こんなゴキゲンな絵本はいかがでしょうか。

酒巻 恵『ひげひげ わたりひげ』(あかね書房)


ひげひげ わたりひげ [ 酒巻 恵 ]

春がきて暖かくなると、いろいろな命が動き出します。
そして、町にはまた「ひげ」の群れが帰ってきました。

チョビひげや男爵ひげのような見慣れたものもあれば、「ギザギザヒゲ」「二ホンドロボウヒゲ」、さらに世界には大きさが10メートルを超える「ジャイアントオオヒゲ」や毒をもつ「ドクヒゲ」、「シンダフリヒゲ」や「クチブエヒゲ」まで生息しているのだとか!

あらゆる生き物の鼻の下にくっついてひげ面にしたかと思えば、求愛ダンスを踊って、巣を作り子育てをします。子ひげたちは飛ぶ訓練をしたり、くっつく練習をして、だんだんと成長します。
そうして、やがて来る旅立ちの日を待つのです。

秋がきて、大きくなったひげたちの群れは集まりはじめます。
寒くなったらもうこの町には暮らせません。
また暖かな場所を求めて飛んでいきます。
南の国では一体どんな生き物たちの鼻の下で過ごすのでしょうか。


はい、ポカンとしますね。
ひげが飛ぶ?巣作り?ちょっとのけぞります。

作者の酒巻恵さんはデビュー間もない新人作家さん。
このセンスとユーモアのあるイラストに脱帽です。
これからの活躍が楽しみですね。

いつかひげたちが飛んできて、自分の鼻の下にくっついてくれないかな、などと妄想しています。どんなひげが似合うでしょうか。

『ひげひげわたりひげ』7月に当店で原画展を開催予定です。
どうぞお楽しみに!

現在、“みんなで作るひげずかん”イラスト大募集を実施中とのこと。
ご興味ある方、ぜひ。
http://www.akaneshobo.co.jp/tokushu/higehige/
posted by ひるねこ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。