2017年08月02日

【新刊入荷】『猫は、うれしかったことしか覚えていない』『澁澤龍彦玉手匣』『謎床 −思考が発酵する編集術』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

昨日に続いて新刊紹介です。

『猫は、うれしかったことしか覚えていない』
石黒由紀子・文/ ミロコマチコ・絵 (幻冬舎)


猫は、うれしかったことしか覚えていない [ 石黒由紀子 ]

「猫は、チャンスを逃さない」「猫は、人を踏む」「猫は、ほどよく無視する」……。
はい、確かにその通りです。笑いながら頷いて、時にドキッと、ちょっぴり寂しく。
猫と人間はそれぞれで生きて、でもやっぱり一緒に生きている。そばにいる幸せ。
http://hiruneko.thebase.in/items/7783618


『澁澤龍彦玉手匣』
澁澤龍彦・著/東雅夫・編集 (河出書房新社 )


澁澤龍彦玉手匣

エッセイスト、翻訳家、文学者、小説家……。私たちは彼の姿を、心をどれだけ知っているでしょうか。「ドラコニア」とは、一体どこにあるのでしょう。
書名の「玉手匣(エクラン)」とは、フランス語で大切なものを容れる小匣の意味。
本を開くと宝石のような言葉たちが怪しく光り出します。


『謎床 −思考が発酵する編集術』
松岡正剛、ドミニク・チェン 著 (晶文社)


謎床 思考が発酵する編集術 [ 松岡正剛 ]

「あらゆる情報が即時にインストールできる現代の環境において、いかに本質的な謎、
つまり問いを生成できるかということは、人間を人間たらしめる最も重要な要件となる」
AI、美少女アニメ、焼き鳥、トランプ政権……。知のぬか床=「謎床」をかき混ぜる1冊。
posted by ひるねこ at 17:33| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。