2017年09月30日

池田浩明・編『パンソロジー パンをめぐるはなし』(平凡社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

パンって、無性に食べたくなる時がありますよね。
日頃、あまり小麦を食べ過ぎないよう気をつけてはいるのですが、ついつい。
谷根千には美味しいパン屋さんが多いので誘惑に負けてしまうのです。。

パン好きさんにオススメなのがこちらです。

池田浩明・編『パンソロジー パンをめぐるはなし』(平凡社)


パンソロジー パンをめぐるはなし [ 池田 浩明 ]

小説、エッセイ、絵本や児童文学。
古今東西の様々な文章から、パンにまつわる名文を選りすぐったのがこちら。

正岡子規や夏目漱石から、ウディ・アレン、ルイス・キャロル、川上弘美、辺見庸など、とにかくその顔ぶれの幅広さ。今も昔も世界中でいかにパンが愛され、モチーフとされているのかがよくわかります。

そしてその国・時代におけるパンの立ち位置のようなものも感じられます。
「パンの耳」というタイトルがついた文章は、ズバリ「パンの耳をどうするか」問題。
大抵の人が「耳がなかったらいいのにな」と思っていた時代があったなんて信じられません!耳が、耳が好きなのに!(すみません、興奮しました)
築地の喫茶店では「耳ありにジャムね」「耳二つ落としバターね」「耳三つ落としダブルバターね」とお客さんが注文していたのだとか。三つ落としって。。
〈一片だけはどうしてもふり払うことができなかった男の悲しみと愛情〉

本書の特徴は、著者名や作品名が文章の最後に置かれていること(もちろん目次には書いてあります)。
ですので、パッと開いて気になったタイトルのところから読み始めると、これが一体どの時代のなんという作家が書いた文章なのかが判然とせず、奇妙なトリップ感に浸ることができます。読んだことのある文章に出くわした時の驚き、これはあの作者かなという推理が当たった時の喜び。様々な読み方・楽しみ方ができる1冊です。


編者の池田さんは、パンの研究所「パンラボ」主宰。
まさにパン好きの、パン好きによる、パン好きのためのアンソロジー。

パンと同じように、柔らかい文から硬い文、甘い話から涙混じりのしょっぱい話までしっかり噛み締めて味わいたい。

ウニを添えるだとか、ピーナツバターにトマトを載せるだとか、じゃがいものサラダのサンドだとか。
う〜ん、もうたまりません!

まんまと罠にはまって、今から明日のパンのことを考えています。

posted by ひるねこ at 19:11| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。