2017年10月26日

『もぐ∞』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

詩人・最果タヒさんが「食べる」ことについて綴ったエッセイ集『もぐ∞』(産業編集センター)が入荷しています。


もぐ∞(もぐのむげんだいじょう) [ 最果 タヒ ]


「大人は温度を食べている」

この表現、本当に天才です。

〈湯豆腐とかそばだとか、そういうものを理解できなかったころ、私はそれらについて「要するに温度を食べているんでしょう?」と言っていた。〉

パフェやちくわ天、オムライスやグラタンなど、その“食欲”
は様々なかたちを持って現れます。

きっと最果さんは全身で食べて咀嚼して吸収して言葉にして吐き出しているのでしょう。
だからこそ漲るエネルギー、そこから生まれる圧倒的な言葉の力。


〈ぼくらは期待しすぎだ。ぼくらは想像しすぎなんだ!小籠包はいつだってきちんと平均以上においしいのに、ぼくらはなんだか魔法がとじこめられていると思っていないか。肉汁というものにファンタジーを感じていないか。小籠包だって肉と小麦粉でできていて(あとこまかい野菜)、それ以上のものは生まれねえよ!と言っている。ぼくらのほうが絶対悪いし、小籠包にごめんなさいをしなくちゃいけない。だから、OK、もう小籠包に期待するのはやめよう。〉


目の前のものに新たな生命を吹き込む豊かな表現。

ますますこの人を好きになりました。
posted by ひるねこ at 19:52| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。