2017年11月23日

ノルウェー発の絵本2点『穴』『パンやのブラウンさん』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

ノルウェーの素敵な絵本が2点、入荷しています。

『穴』(ワールドライブラリー)
作 ・絵/ オイヴィン・トールシェーテル
訳 / ひだに れいこ

IMG_5054.jpg

引っ越しをしてきた主人公は、新居の壁に穴を見つけます。
壁の反対側にまわってみますが、なんとそこに開いていたはずの穴がありません。
おかしいな…と戻ろうとすると、床に移動していた穴につまづいてしまいます。

そう、この穴はなんと動くのです!
なんとかして穴をダンボールの中に閉じ込めた主人公は、それをそのまま研究所へ運びます……。

IMG_5055.jpg

IMG_5056.jpg

IMG_5057.jpg

ページの真ん中に貫通した穴。
その場所は変わらないのに、ページをめくると穴が次々に移動しているような不思議な感覚に陥ります。
壁に開いた文字通りの「穴」でもあれば、車のタイヤだったり、時には風船だったり。。
まさに自由奔放、変幻自在。

穴のたどり着く先が気になって仕方がありません。

最低限の言葉だけで構成されているので、どんどん想像が膨らみます。
まるで、穴と一緒に旅をしているかのよう!

これはもう、最高に楽しくてエキサイティングな絵本です!



そしてもう1点は、デザインユニットによる独創的でセンス抜群な絵本。

『パンやのブラウンさん』(ワールドライブラリー)
作/ ヨーコランド
訳/ ひだに れいこ

IMG_5051.jpg

パンやのブラウンさんは、大きくて茶色いものがすき。
見たことないほど大きなパンが焼けるよう、とても大きな石がまをつくることにしました。
町じゅうのどの家よりも高い煙突のついた石がまです。

でも、大きなパンとお菓子をいっぱい焼きすぎて、茶色がなくなってしまいました。
町中から茶色が失われて、みんなが困ってしまいます。
さて、ブラウンさんは、いったいどうするのでしょう?

IMG_5052.jpg

IMG_5053.jpg

茶色、白、黒、灰色だけで構成されたシンプルな画面。
それだけにキャラクターやパン、道具などの形の可愛らしさが際立ちます。

芳ばしい匂いが漂ってきそうです。


一般書店やネット書店では取り扱いが少ないですが、
どちらもクリスマスの贈り物にオススメです♪


・『穴』http://hiruneko.thebase.in/items/9034251

・『パンやのブラウンさん』http://hiruneko.thebase.in/items/9034324

posted by ひるねこ at 22:04| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。