2017年12月13日

『東京 しるしのある風景』(河出書房新社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

松田青子『東京 しるしのある風景』(河出書房新社)


東京 しるしのある風景 [ 松田 青子 ]

町で見かける郵便局から、国会や最高裁、東京ミッドタウンや池袋のサンシャインなど、思わず「そんなところに?」と言いたくなるような郵便局まで。とにかく歩いて歩いて集めた、東京の風景印の記録

IMG_5397.jpg

IMG_5398.jpg

IMG_5399.jpg

風景印を押してもらおうとすると、一瞬の間がある場合や、待ってましたとばかりに勇んで押してくれることも。押す前に「あんまり得意じゃないんです」と不安を吐露する局員さんが良い風情。

〈実のところ、風景印はそもそも「ふと」出会えるようなものじゃなかった。ほとんどの場合、郵便局には「風景印あります」などと、「冷やし中華はじめました」のごとくわかりやすい貼り紙が出ているわけでもないし、はっきりとした意志を持って、「風景印お願いします」と言わないと、風景印には出会えない。〉

キッテ通りには谷中郵便局がありますが、そういえばどんな風景印なのでしょう。
今度「風景印お願いします」って言ってみようかな。
posted by ひるねこ at 12:36| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。