2018年04月13日

河出文庫の新刊3点入荷

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

河出文庫の新刊2点、入荷しています。


石井桃子『プーと私』


プーと私 (河出文庫) [ 石井 桃子 ]

「私は、プーという、さし絵で見ると、クマとブタの合の子のようにも見える生きものといっしょに、一種、不可思議な世界にはいりこんでいった。」プーさん、ピーター・ラビット、ドリトル先生…私たちに豊穣な世界を残した石井桃子の旅。それはそのまま児童文学の歩みだった。



佐野洋子『ほんとのこと言えば?』


ほんとのこと言えば? 佐野洋子対談集 (河出文庫) [ 佐野 洋子 ]

小沢昭一との猫話、岸田今日子との母親対談、谷川俊太郎と語る、子供時代・絵本・恋愛。様々なテーマ、相手に繰り出される、佐野洋子の素っ裸の言葉たち。独特の可笑しみに包まれながら、トゲのように刺さる。「人って自分に都合よく考えないと生きていけないね。」


新村出 『広辞苑先生、語源をさぐる』


広辞苑先生、語源をさぐる (河出文庫) [ 新村 出 ]

天と地、日と月、青空、しぐれ、といった天文・自然現象。虎、鶴、毒だみ、樟の木などの動植物。様々な言葉の語源を探るのは、『広辞苑』の編纂で今に名を残す、「広辞苑先生」。時に難解、専門的でありながら、語り口はあくまでソフト。言葉を噛み締めたい。
posted by ひるねこ at 18:51| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。