2018年04月26日

新刊入荷『日本の気配』『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう』『進歩 人類の未来が明るい10の理由』

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。


●武田砂鉄『日本の気配』(晶文社)


日本の気配 [ 武田砂鉄 ]

世間の空気を見定め、怒りのボルテージを下げ、憤りを隠し、匂いを嗅ぎ分けて態度を決める。そんな風に感情をセーブした大勢が、一部の人たちに自由に社会を握らせている。空気以前の〈気配〉を察知するなんてもう止めよう。「ムカつくものにムカつくと言うのを忘れたくない」



●ブレイディみかこ、松尾匡、北田暁大
『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう』(亜紀書房)


そろそろ左派は〈経済〉を語ろう レフト3.0の政治経済学 [ ブレイディ みかこ ]

経済的不平等が存在すれば、民主主義は不完全。その気づきの遅れが、トランプ現象や極右勢力の台頭につながっている−。経済的に最も不平等な国の一つである日本。原発や改憲、ジェンダーを語るのと同じく、経済に目を向けることが善き社会への第一歩。



●ヨハン・ノルベリ/山形浩生 訳
『進歩 人類の未来が明るい10の理由』(晶文社)


進歩 人類の未来が明るい10の理由 [ ヨハン・ノルベリ ]

破滅的で悲惨な状況が続いても、昔よりずっと良くなっている点だって確かにある。食糧、寿命、識字能力……。スウェーデンの歴史学者がデータで見る、人類進歩の歴史。とは言え「どう感じるか」だって大きい。貧困、暴力、差別……。絶望しないために。

posted by ひるねこ at 16:20| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。