2018年04月27日

『世界を変えた50人の女性科学者たち』(創元社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

レイチェル・イグノトフスキー 著
野中モモ 訳
『世界を変えた50人の女性科学者たち』(創元社)


世界を変えた50人の女性科学者たち [ レイチェル・イグノトフスキー ]

「ズボンをはいた女は厄介だ。」

1930年代、ミズーリ大学に現れた細胞遺伝学者のバーバラ・マクリントックは、周囲の男性たちからそう思われていました。

教授陣は彼女を会議から締め出し、研究を支援しませんでした。昇進させるつもりもなく、結婚したらやめさせようとさえしていたのです。


これは決して珍しい物語ではありません。
性別を理由に、教育を受けられず、研究を続けられない時代が確かにありました。

女性だから、科学論文を発表することができませんでした。
女性だから、場所も研究資金も与えられませんでした。
女性だから、大学の建物内に入ることができませんでした。
女性だから……。

この世界を知りたいという好奇心や欲望に、性差はないはず。
同じように空を見上げ、岩の下に目をやり、顕微鏡を覗き込んできたのです。


本書には、マリー・キュリーやレイチェル・カーソンを始め、常識を打ち破り、差別や困難と闘い、世紀の大発見や研究をなしとげた女性たちが登場します。

IMG_7763.jpg

IMG_7764.jpg

科学・技術・工学・数学といった分野で、素晴らしい業績を残した50人の女性。

彼女たちの存在が無かったら、今の世界の見え方は全く違うものになっていたかもしれません。

そしてまた、もし理不尽な扱いに悩まされることがなければ、さらなる発見があったのではないか。そんなことも考えます。

#MeToo #WeToo
あらゆる差別・ハラスメントに「NO」と言うこと。

未来は、私たちの行動にかかっています。
posted by ひるねこ at 18:58| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。