2018年05月13日

『自衛隊と憲法─これからの改憲論議のために』(晶文社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

木村草太『自衛隊と憲法─これからの改憲論議のために』(晶文社)


自衛隊と憲法 これからの改憲論議のために (犀の教室) [ 木村草太 ]


憲法改正に関する議論。しかしその内容は、理性的・合理的な議論とは程遠いものが多い。

そもそも憲法とは何か、どんな歴史があるのか。
それを知らずして、何をどう変えようというのか。

「現在の憲法を理解しない人々が、その改正を語れるはずがありません」

どこを、どうして改める必要があるのか?
または、変えずに守る理由があるのか?

私たちは学ばねばなりません。

「時代」などという抽象的な言葉に乗せられて、安易に改憲することなど許されるものではありません。
posted by ひるねこ at 19:13| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。