2018年08月24日

『地球にちりばめられて』(講談社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

多和田葉子『地球にちりばめられて』(講談社)


地球にちりばめられて [ 多和田 葉子 ]

スウェーデン留学中に故郷の島国が消滅してしまった女性Hiruko。
帰る場所の無くなった彼女は、ノルウェーでの1年間を経て、デンマークで仕事を見つけます。そしてその過程で作り出したのが、3カ国の言語を組み合わせた独自の言語「パンスカ」(汎スカンジナビアの意)でした。

彼女のテレビ出演の様子を観ていた言語学者の卵・クヌート、さらに空港で出会った、女性の心をもつインド人の青年アカッシュらと共に、Hirukoはこの世界のどこかにいるはずの、自分と同じ母語を話す者を捜す旅に出ます。

大陸や人種、性別、そして言語を超えて重なり合う、彼らの辿り着く先は。

-
Hirukoの故郷である島国は日本であると推測され、直接的な言及は無いものの、原発事故かそれに近い出来事によって消滅してしまったことがそれとなく匂わされます。

北欧を舞台に、実際にありえるかもしれない未来を描きながら、移民問題に揺れる現代社会の「境界」を見つめ直す。
私たちの行く末を考えさせられます。



☆WEB SHOP
http://hiruneko.thebase.in/items/12989251
posted by ひるねこ at 17:32| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。