2018年09月07日

『スウェーデンのアール・ブリュット発掘』(平凡社)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

渡邉芳樹/小林瑞恵
『スウェーデンのアール・ブリュット発掘』(平凡社)



様々に定義される「アール・ブリュット」

それは専門的美術教育を受けていない者による「生(き)の芸術」。

創造の凄味、精神的高揚、解放感を伴った作品はまさに、芸術とは何かを問うてくる。

IMG_0676.jpg

IMG_0678.jpg

IMG_0679.jpg


これまで無視され、「存在しない」ことにされてきた人々や事象に名前がつくことで、可視化され、関心が生まれることがある。

例えば、「アダルトチルドレン」、「発達障害」、「LGBT」。

「アール・ブリュット」は精神病院の臨床現場に始まり、障害や福祉とともに語られることが多い。

福祉国家スウェーデンで、なぜこれらの作品は、これまで人々に認知されていなかったのだろうか。

知られざる原石の輝きがここにある。
posted by ひるねこ at 19:23| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。