2018年09月09日

『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』(PHP研究所)

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。

幡野広志『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』(PHP研究所)



優しさについて。
孤独と友だちについて。
仕事やお金、生と死について。

ガンで余命3年と宣告された35歳の写真家が、息子に伝え、残す。

正解や絶対的な答えは無くとも、その時々で誰かの道を照らし、導くかもしれない。

地図やコンパスのような言葉たち。
posted by ひるねこ at 18:30| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

FX 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。